些細な幸せを生きる糧に

日々あったことや、気になること、購入したものなどを、徒然なるままに記していきます。

Windows7

2015年3月11日のWindowsUpdateにてOS(PC)起動せず

毎月恒例のWindowsUpdate

Windowsの脆弱性をついた攻撃に対するセキュリティパッチなので、ネット商取引慣習が当たり前の現在においては公開後直ぐに当てるべきなのですが、最近は、予期しないトラブルが頻発するので公開後1週間程度は様子見したいのが私の個人的な考えです。

通例は上記の通り、暫く様子見してからインストールするのですが今回はなんらかのOSの設定違い?で勝手にインストールされてしまいました(自分で自動アップデート設定に変更した覚えはない

その結果…

ブルースクリーン画面が発生し「ATA関連のシステム」にエラーがある?ようなメッセージと訳の分からないエラーコードを残し、黒い画面で止まるようになりました。

毎度思いますが、このブルースクリーンエラー画面は理解に苦しみます。プログラミングに詳しい人なら分かるのかもしれませんが、普通のPC自作レベルのスキルではどのようなエラーでどこに問題があるのか?どう対策したらいいのか?等、途方に暮れます…。

一応、OSが起動しない場合、黒い画面にてシステムインストールディスクを使ってのシステム修復を推奨されますが、今回はこのディスクを全く受け付けてくれませんでした。(もちろんOEM正規版を購入して利用。OSはWindows7 home 64bitとなります。

そしてそのうち、BIOS画面も出なくなりました(´Д⊂グスン

頼るのはマザーボード(ASUS P8Z77V)基盤上にある各種LED(電源、Memory、CPU、VGA、ブードデバイス)のどこでエラー点灯が出るかで判断するのですが、ブートデバイスのところで止まって、BIOS画面が上がってきませんでした。

最初のブルーバック画面で「ATA関連の何か?」というメッセージを残していたので、OSのシステムドライブ(SSD)の起動構成ファイルがアップデートによって壊れて、起動不可能になったと推測しました。

データドライブはシステムドライブとは別のHDD3台にほぼ置いてあるので、最悪、システムドライブが壊れたとしてもマイドキュメントやデスクトップ上に置いてあるファイル類だけの損失で済むのですが、よく使うファイルは意外と置いてあることが多く、これにはちょっと困りました。(新規交換とクリーンインストールは避けたい。データはサルベージしたい)

とりあえずトライしたことはCMOSクリアをしたり、最低構成にした上でSSDだけ繋いでテスト等を試みたのですが、特段進展はなく経つこと数時間…。

仕方ないので、古い30GBのSSD(プチフリ付きの物です、懐かしい…)を取り付けて試してみることに。それでも変化はなく、「うーん、これはハードウェア毎やられたのか?Ζガンダムでのカミーユに対するパプティマス・シロッコのように…」と思っていた時に、頭の中でなんか閃きました。(種覚醒?!)

BIOS画面が出てこないら別のVGAに繋いでみたらどうなるか?と。
(VGAはCorei7シリーズのQSV機能を動画エンコードで使うためCPU内蔵グラフィックで出力していましたが、Cudaメインで利用していた頃のGeforce GTX460も繋ぎっぱなしでした。)

LEDのブードデバイスエラー表示とブルーバック画面のATA関連の何かのトラブルメッセージ?でシステム関連のトラブルだとつい思い込んでいましたが、これがドンピシャ!

BIOS画面が上がってきました!これであとは当初のシステムドライブ(メインSSD)に繋げ変えてどうなるか?だけです。

きちんと元の構成に戻して祈りを込めて電源ポチ>あれ?またブードデバイスエラーでBIOS画面が出てこないorz

ああ、一応CMOSクリアもしてからもう一度…。

これでBIOSポストOK>システムオールグリーン>OS無事起動と相成りました!

真っ先にやったことは、今回のWindowsUpdateの内容の全消しです。(忌々しい奴めヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

5時間ぐらいかかりましたが、無事、システムが戻ってきて良かったです…^^;

長文になりましたが自分なりにまとめると…

原因

・2015年3月11日のWindowsUpdate関連で間違いないと思う。当てた直後にブルーバックエラーが出たので。

・セキュリティ問題だけでなく、なんらかのVGA関連の設定が変更されたと予測。

・しかしながら調べてみる限り、タスクバーやエクスプローラーのハングアップエラー、ネットワーク関連トラブル、Flashトラブルの報告が多かったので、一個人の環境による問題の可能性もあり。但し、私と似たようなブルスクからのHDDお亡くなりの報告も見かけました。

修復過程

・上記の通り

今後の対策

・やはりOSのアップデートはMicrosoft、Apple(iOSデバイス)に関係なく、必ず、暫く様子見をする。

・パッチの自動アップデート設定になっていないか?常にチェックする。(何故変更されたのか分かりません)

・データのバックアップは別ドライブ(デバイス)に必ずする。(特にマイドキュメントやデスクトップ上のファイルなどよく利用するデータはUSBメモリに保存をするなど)

・可能ならRAID構成でのバックアップ


要望

・セキュリティホールの問題は深刻度が高いので至急当てないといけないものだが、メーカー様においては十分にプログラムの完成度をチェックした上で提供して欲しい。また、大きい不具合が起きた時には自動的にアンインストールして元のシステムに戻る仕組みを構築してもらえると助かります。


もう二度とこんな思いはしたくないです…。

HDMIキャプチャーボード リキャプ DC-HA1を購入してみました&レビュー&設定情報

SD解像度でキャプチャー出来るボード(今は亡きCanopus MTV2000Plus)は以前から持っていたのですが、PS3のゲーム映像などをフルHD(フルハイビジョン画質)でキャプチャー出来るボードが欲しいな~と思い、ここ数ヶ月検討していたところ、1万円程度で買えるHDMIキャプチャーボードがあると知り、早速、購入してみました。

今回、購入した商品は、DC-HA1(ドリキャプ)となります。メーカー不詳(中国系ですかね?)

DC-HA1_パッケージ表
DC-HA1_パッケージ裏

商品内容は以下の感じ

キャプボ本体、専用アナログケーブル1本、ロープロファイルブラケット、CD-ROM1枚(DVR2.5ソフトバンドル版とドライバ)、簡易取り付けマニュアル

内容品
ボード接続端子部のアップ

商品仕様(詳細はパッケージ裏の写真でも確認できます。)

インターフェース:HDMI 端子/アナログコネクタ(付属専用アナログケーブルにて対応。S端子/コンポジット及びコンポーネント)

PC用接続端子:PCI EXpress x1

キャプチャー対応解像度

HDMI: 1920x1080(1080i) 1280x720 720x480

アナログ: 720x480、640x480、352x240

フレームレート 約30fps

対応アスペクト比 : 4:3/16:9

対応OS :WindowsXP(SP2以降)、 WindowsVISTA(32bit 64bit)、Windows7(32bit 64bit)

この製品には姉妹品として、DC-HC1と最新のDC-HD1というモデルがあります。この2製品は4GBメモリの壁がないらしいです。

メモリ4GBの壁に対応するには、前述のDC-HC1やDC-HD1等の4GBオーバーメモリ問題を解消したモノを購入するか、OS側で使用メモリを4GB以下に調整する必要があります。

SKNETのサイトに説明があるので、参考にすると良いでしょう。(私の環境では、この設定で8GBメモリでも問題なく、HDMIキャプ出来ております。)


PS3に接続するには、HDMIケーブルが添付されていないので別途用意しました。(余裕を見て、5mをチョイス。某PCショップにて1000円程度でした。)

HDMIケーブル5m

セットアップ&インストール設定方法

セットアップは、電源OFFしたPCに(念のため、コンセントを抜くことを推奨)DC-HA1をマザーボードのPCIEX x1 スロットに取り付けたあと、OSを立ち上げて付属CD-ROMからドライバをインストールすればOK。(しっくりこない場合、海外サイトより最新版ドライバをゲットしてみましょう。リンク先はこちら。時間帯により鯖が落ちていることがありますので注意。)

2012年10月 最新版のVer1.30ドライバにて、Win7 64ビットでの動作確認OK

あとはキャプチャーソフトとコーデックのインストですが、添付ソフトのDVR2.5は画質がいまいちらしいので、ネット上で評判のフリーソフト「アマレコTV Live」を使いました。コーデックはこれに合わせた「AMVビデオコーデック」を使用します。

コーデックについてはシェアウェアとなっていますが、画面左下にロゴが入ったままでいいという人はそのまま使えるようです。どうしても消したいという場合は、Vector等で購入してくださいね~。(後日、私は購入しました。)

アマレコTV公式サイトはこちら

私の環境での『アマレコTV Live』の1280x720Pの設定画面は、こんな感じとなります。

※PS3のゲームソフトは大抵720Pまでの対応なので、1080iのプロファイルはあまり使わないかと思います。
使うとすれば、1920x1080でのスクリーンキャプチャー(画像保存)しての壁紙作成用とかでしょうか?

アマレコTV Live720p設定画面

DC-HA1設定画面情報1

DC-HA1設定画面情報2

DC-HA1設定画面情報3

DC-HA1設定画面情報4

使用環境

自作PC

OS Windows7 Home Edition 64bit
CPU INTEL Core i7 860 (OCなし)
M/B ASUS P7P55D-E (BIOS 1504)
Memory Crucial DDR3 1600 (1333)での使用 2GBx2=4GB(Dual)
VGA Leadtek Geforce GTX275 896MB
Sound ONKYO SE-200PCI

2012 8/31 現在の構成

OS:Windows7 HomeEdition 64bit SP1
CPU: Intel Core i7 3770K
M/B: ASUS P8Z77-V
Memory: CORSAIR CMZ8GX3M2A1600C9 VENGEANCE 4GBx2=8GB (DDR3 1600)
VGA: Leadtek Geforce GTX460 1GB
Sound: ONKYO SE-200PCI

HDDについては、ベンチマーク結果でシーケンシャルライト120MB/sの日立製7200rpmのHDD(S-ATA2)を使っていますが、帯域的にはこれでギリギリのようです。性能を上げるには高速なSSDを使うか、HDDのRAID 0 を組むと良さそうです。(実際キャプチャーデータはかなりの容量を使いますし、頻繁に消したりするでしょうからHDDがいいかな?)

PS3の認識問題

バグなのかもしれませんが、PS3がアマレコTV Liveから、すんなり認識されない場合があります。この場合、PS3の電源ボタンを長押ししてPS3を立ち上げ、とりあえず画面が見えたらPS3側の映像出力設定より、720pと1080iにチェックして様子を見てください。(アマレコTVの設定内容と合わせる。)大抵このやり方できちんと表示されるようになります。(PS3とDC-HA1のストレート接続の場合。分配器を挟んでいる場合は、外して試してみてください。)

遅延について

PCの性能や設定環境によっても変わると思いますが、PCダイレクトでの格闘ゲームはちょっとキツイかと思います。(鉄拳6にて確認。)FPSや格闘ゲームなど数フレームが重要な状況では、別途、HDMI分配器を挟んだほうが良さそうです。(プレイはTVで、録画・動画配信はPCみたいな。)

では、実際にSSと動画を撮ってみたので、参考程度にアップしてみようと思います。
(画質を伝えたかったので、1280x720のJPEG最高画質で出力しました。元ファイルはBMPです。)

DCHA1_Cap1

DCHA1_Cap2

DCHA1_CAP3

DC-HA1 R2プロファイル

2012年 10/6
DOA5より 1280x720 JPEG圧縮率95画像を追加

DOA5かすみ1

DOA5かすみ2

DC-HA1でキャプチャーした動画

FINAL FANTASY 13のOP(1280x720 60fps)
720p再生を推奨。データサイズが大きいので、環境によっては再生が重いかもしれません。m(__)m



2012 8/31ファイル追加
P4U対戦動画 1280x720 60fps 720p再生推奨



2012年 10/6 ファイル追加
DOA5ソロプレイ動画 1280x720 60fps 720p再生推奨
3D格ゲーの画質参考にどうぞ。
TMPGEnc Video Mastering Works 5でエンコードしました。



総評

1920x1080p(60fps)とかは無理ですが、1万円程度で1920x1080i、1280x720のHD画質で録画できるこのボードは、大変コストパフォーマンスが良いと思います。画質も個人的には十分だと思いますし、PS3とHDMI接続するだけでキャプチャー出来るのも大きな魅力です!

今後の予定は、HDMI分配器の購入ですね。


以上、HDMIキャプチャーボード DC-HA1(ドリキャプ)のレビューでした。


※注意とお願い


記載した設定情報(手段)は、私の環境では問題なく動作確認がとれておりますが、各々の全ての環境において、必ずしも動作・成功する保障はございません。全てのやり方については、一切、自己責任でお願い致します。心苦しいところですが、何卒ご了承ください。m(__)m。

記事検索
タグクラウド
メッセージ

名前
本文
忍者ANALYZE
  • ライブドアブログ