些細な幸せを生きる糧に

日々あったことや、気になること、購入したものなどを、徒然なるままに記していきます。

SONY

ワンフェスに向けて機材新調しました♪430EXⅢ-RT&ROGUEフラッシュベンダー2L 簡易レビュー

本年、最初のエントリー記事となります。(書き初め?)
皆様、今年もどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

2016年も、はや1ヶ月が経とうとしています。早いものです^^;
そしてフィギュアの祭典でもある『ワンダーフェスティバル2016冬』の開催まであと10日を切りました。

この時期になるとフィギュアクラスタとしては新機材がいろいろと気になるわけですが、私もいくつか新調致しました。本来なら、去年のメガホビAutumn又はトレフェスで投入したかったのですが、都合で行けなかったので今のタイミングでの購入と相成りました。

今回は3点の新調です(1個は補充かな)

では1点目
IMG_3468

Canon スピードライト 430EXⅢ-RT となります。

スピードライトは430EXⅡから更新がかかるのを去年初頭からずっと待っていました。前モデルは2008年7月の発売でしたのでそろそろ更新時期じゃないかな~と。どうせ新調するなら新しい方がいいですしね^^;遅くても夏ぐらいかな?と思いきや、秋に入った2015年10月1日の発売でした。

これを買うまでに紆余曲折がありました…。(SONYのα7Ⅱの出来の良さににマウント変更しようかなとか…予算とマウントアダプター経由でタムロン90VCマクロをAFで使えるか微妙だったため断念。小型軽量且つ高性能なニッシンのi40にしようかなど悩みました。結局は純正&Canonに寄り添う覚悟を決めました^^;)

購入はアキバ(神田須田町)に実店舗を持っているWiNK DIGITALで購入しました。ストロボ27500円に別途5年延長保証(物損OP有り)3200円を追加しました。このショップで買うのは仕事用に使っているNECのLavieノート以来ですね。いわゆる流通卸系ショップですが、個人的に信頼のおけるお勧めネットショップです(・∀・)

では軽くレビューをしたいと思います。

付属品

IMG_3470

マニュアル冊子、保証書、ストロボケース、バウンスアダプター、カラーフィルター、バウンスアダプター&カラーフィルター用ケース、写真には写っていませんがミニスタンド(台座)です。

バウンスアダプターはいわゆるオムニバウンス式と言われるものですが、直射するよりは効果があるのでディフューザーを忘れた時には使えると思います。(でも持って行かないと意味がありませんが^^;)

カラーフィルターは白熱球を含むミックス光源の時に使うフィルターですね。意外と活躍の機会はあるかもしれません。

外観

IMG_3471

正面から

当方の手持ちは小型ストロボの270EXだったので、かなり重量は増えました。(145グラム>295グラムへと150グラムUP)でも、前モデル比だと25グラムの軽量化、あと両方お持ちのフォロワーさんの写真を拝見して確認したところ、全体的にコンパクトになっていました。

IMG_3472


IMG_3481

IMG_3480
裏面

前モデルと変化しているのは背面液晶の大きさですね。かなり大きくなって視認性がアップしたようです。操作体系もボタン形式から電子ダイヤル式に変わっているのでマニュアルで調光補正するときなんかはこちらのほうが操作しやすいかと思います。(手持ちのPowerShotS100の電子ダイヤルによく似ていました。)

バウンス時
IMG_3474


IMG_3475

IMG_3476

IMG_3478
縦撮り時の接続イメージになるかな?

私としては今まで小型ストロボであるスピードライト270EXを利用していたので、上90度以外の首振り機能があるだけでもかなり自由度が広がって凄い!と思ってしまいます(笑)

バウンス角度については以下の通り(メーカーHPから引用)

発光部が上90°、左150°、右180°に幅広くバウンス可能。カメラと反射面の位置関係にしばられることなく、必要な方向に発光できます。従来モデル430EXⅡに比べて、バウンス角度が右方向に90°広がったことにより、バッテリーグリップを使用したまま縦位置撮影での後方天井への照射が可能になりました。

ということなんですが、SONYの素晴らしすぎるストロボ程ではないにしてもバウンス角度の自由性は相当UPしていますね。角度変更時のカチッカチッとした操作感も硬すぎず柔らかすぎずという感じで絶妙な感じでしたよ

あとは、上位モデルに採用されていたワイヤレス電波通信機能が付いたということで、複数のストロボを利用した多灯ストロボ撮影の自由度もUPですね。(私はライトバンク撮影がメインなので、別途、追加ストロボを買わないとダメですがh)
IMG_3479
発光部上部にキャッチライトパネルとワイドパネルが引き出しタイプで付いています。

キャッチライトパネルはポトレにおけるアイキャッチ用途、ワイドパネルは周辺減光補正の役割を担いますが、どちらも便利な機能ですね。

最後に横取り(水平取り)で装着したイメージ
IMG_3482
で、でかい^^;

これが一眼使いの普通のイメージなんですよね(笑)
頑張って支えられるように努力します!

Canon商品情報ページ

以上、Canon スピードライト430EXⅢ-RTの簡易レビューでした。

2点目
IMG_3462
ROGUE FLASH BENDER2 Large Reflector(ローグ フラッシュベンダー2)

ディフューザーについてはイベントに参加するたびに更新したいな…といつも思っていました。しかしながら、小型ストロボである270EXだとサイズ的に選択肢が絞られてしまうため、いつもHAKUBAのクリップオンストロボディフューザーMで頑張っていました。しかも2回落としてしまって、今は三代目です(友人に譲って頂きましたh)

更新するならストロボ新調時と決めていたので、現在において定番と思われるこちらの製品を選びました。サイズについては前モデルだとL、M、Sとあったのですが、Ver2 となってからLとSのみとなってしまったのでかなり悩みました。

Twitterのフォロワーさんのツイートやブログを見る限り、フィギュアのイベント撮影ならSサイズでも十分拡散するとのことでした。ただ、面光源が大きいほど当然拡散性もUPしますし、ポートレート等に使うなら(ほとんどやったことありませんがh)Lサイズかなと。そして大は小を兼ねる(デタ-、日本人の典型的な購入パターン)に従い、こちらを選択した次第です。ディフューズパネルについてはあとからOPとして購入できるので、今回は本体のみとしましたよ。

中身
IMG_3464
シンプルそのもので、マニュアル一式とフラッシュベンダーL1枚だけですね。フラッシュベンダーは折り畳めるのでこのサイズとなりますが、それでも縦長ということにはなります。重量もありますね(サイズ:254 x 288mm、重量:135g)

前面

今まで使っていた『HAKUBAクリップオンストロボディフューザーM』との比較も兼ねて

IMG_3465

予想以上に…デカイ!

これだけの大きさがあればかなりの光拡散効果が期待できますね♪

裏面
IMG_3466
ディフューズパネルがないので普通に白の面です。

装着イメージ
IMG_3483
何故か横画像に…。(あとで直しておきます)

撮影台の上に置いて撮影したのですが、撮影台からはみ出しています^^;

ストロボに固定するマジックテープ部が比較的強力なため補強は要らなそうな気がします。HAKUBAのモノは人に体当りされると外れることがあったので100円均一のマジックテープを別途購入し、ストロボ本体にキツめに縛って対策していました。(2回も落とすとさすがにね^^;)

テスト撮影

フィギュアブログをベースとしてきたので(最近、要素少なめですがh)、ラブライブ!の西木野真姫ちゃんにゲストとしてモデルを務めてもらいました。

設定環境

・EOS6D&EF24-105F4L&430EX-RT

・撮影台に西木野真姫ちゃんを置いて、三脚にカメラを固定して撮影

・写真は撮って出しJPEGを採用し、処理はトリミングとリサイズ(長編1024ドット)のみ。多少の画像サイズのズレはあります。

・照明はRIFA-Fのライトバンク(60W)を上部から一灯のみ。

カメラの設定は以下の通りにしました。概ねイベント仕様に近いですが、現地ではISO感度を400~800、高い時で1600~2000ぐらいに。測光はスポット測光や評価測光を使う場合がありますね。他はほぼ同じです。

IMG_3487


『見せてもらおうか!ROUGE FLASH BENDER2 Lの実力とやらを!』

IMG_8403
Mで1/6発光
IMG_8404
Mで1/5発光

これ以上に威力をあげると、ハイライト警告が出たのでこの辺が限界ラインでした。
どちらの写真を見ても分かりますが、光が被写体やバックを含めて均一に回っている事と、被写体の影がほとんど出ていないことが見て取れると思います。

これは素晴らしいディフューザーだと思います。ちょっと重いかなと思うことはありますが、満足レベルの製品で皆さんにお勧めしたいです!

ちなみに今までのディフューザーで例を挙げると…(WF2015夏の撮影画像より)
WF2015_Summer_fastShot002

WF2015_Summer_fastShot003
フェイトちゃんについては直射ディフューズかもしれません(この時はストロボの調子も悪かった記憶が)
WF2015_Summer_FLARE003

WF2015_Summer_Alter025
武器関連や髪の毛周りは影が色濃く出てしまうことが多かったので、これが改善出来ると嬉しいですね。

一応、ディフューザーについてはバウンスならフラッシュベンダーを。ディラーブース等の暗いエリアではHAKUBAクリップオンストロボディフューザー(直射ディフューズ方式)を選ぶかもしれません。(ディーラーブースについては経験不足でどちらが良い上がりを得られるか不明なため)

以上、ROGUE FLASH BENDER2 Large Reflector(ローグ フラッシュベンダー2)の簡易レビューでした。

3点目
IMG_3458
SONYのサイクルエナジー用急速充電器セット

これは新調というよりは、ストロボのバッテリーが今までの2本から4本に増えたので追加購入ですね。

以前はこちらの製品を使っていました。
IMG_3461
サイクルエナジーゴールド&充電器セット

サイクルエナジーゴールドはアルカリ乾電池の3倍の容量があるタイプで1000回の繰り返し充電が出来る電池です。しかしながらこのセット充電器だと4本充電するのに12時間かかるんですよね~^^;熱い夏場とかはヒートプロテクトがかかるのか?12時間オーバーもザラ…h というわけで急速充電器セット(サイクルエナジーノーマル:1.5倍タイプの3000回充電可能)を購入した次第です。
IMG_3460
この急速充電器タイプの場合、リフレッシュ機能(メモリー効果解消)機能があるのが売りですね。

スピードについてはノーマル充電器の3倍!シャアザクモードとなっていますので、サイクルエナジーノーマルなら4本で2時間弱、ゴールドなら倍の4時間で終わるようです。これで8本のリサイクル電池が用意出来たのでイベントでも安心出来そうです。

充電式ニッケル水素電池だとパナソニック(サンヨー)のエネループを利用する方が多いと思いますが、SONYのこちらのシリーズはエネループや東芝の充電池セットに比べて安めなので、コスパ重視の方にはお勧めしたいですね。定番ならやはりエネループということになるかと思います。

備品は用意出来たので、あとはワンフェスの当日までに体力UP(筋トレ)と新機材を導入したのでセッティング調整、当日行動計画をしっかり練っておきたいと思います(`・ω・´)ゞ

あと寒くなってインフルエンザも流行ってきたようなので、風邪には注意しましょうね(私が正直一番ヤバイですが^^;)

ヨドバシ・ドット・コム

ビックカメラ.COM

It's a My SONY XPERIA World!

去年11月のXPERIA Z3 TabletCompact(略してZ3TC)購入に続いて、スマホの機種変更をしました。

今まで使っていたのはAuのSOL22(XPERIA Z)です。
なんか私の中でソニーの製品が繁殖している気がします…。(もちろんカビではありませんw)

この機種スマホとしては2代目なんですが、私にとってのスマホ初代は悪名高きddocomo(富士通)ARROWS F-10Dでした。あれは熱暴走が酷すぎて6ヶ月でもう我慢が出来ませんでした…。熱暴走による通話切れ、アプリの頻繁なハング、GPSの掴みの悪さなど…etcで最悪でしたね。ただ音声の聞き取りやすさとか液晶画面の綺麗さとかは当時素晴らしかったかと思います。富士通はこれの2世代あとの機種からCPUにスナドラを採用するようになって普通に良い機種になったかと思います。ちなみに搭載CPUであるNVIDIAのTegra3:1.5GHzを上手く使いこなせればいい機種だったのかもしれません。(また同CPUを使ったASUSの初代Nexus7はクロック周波数を1.2GHzにダウングレードして搭載していたので熱問題トラブルはなく、ベストセラーになったのは知っている方もいるかと思います。追記:NVIDIAはスマホCPUから撤退したようですね。)

今回購入したのはこちらの機種となります。

IMG_7096_R
XPERIA Z3 Au SOL26です

XPERIAとしては最新のZ4が出ていますが、新CPUであるQualcommスナドラ810の発熱の高さ問題になっていて、この情報を知っている人は敬遠しているようです。店頭で展示機を触ってもかなり熱かったですね。ちなみに6月中の携帯ショップではiPhone6祭りになっていました^^;(ソフバンの案件ですが2台同時MNPの場合、旧フラット7G付いて2台で5000円弱の月額維持費でした。これにはちょっと心が揺らぎましたw)

iPhone6はさておきXPERIA Z3(Au SOL26)に決めたわけですが、言うまでもなく機種変は大して割引が受けれないのは昨今の携帯業界の事情です。じゃあ違約金(更新月は今年の12月なので)を払ってdocomoに飛ばそうかと考えましたが、総務省指導による夏モデルからのSIMロック解除導入対策のせいか?docomoは春ぐらいから端末購入サポートによる縛りを設けていたようです。

MNP一括端末0円の条件であっても端末によってはこの購入サポートを強制的に付けられ最低限のパケットプラン(2GB:3500円)以上に入ることが必須となります。しかも契約日にもよりますが13~14ヶ月維持しないと契約違約金が発生し、この機種の場合で約33000円の端末代金を一括支払いすることがパケット外しの条件として付帯していました。短期外しならBL(ブラックリスト)入りかもしれません(;・∀・)(ソフトバンクが先行したプランですが、docomoと違い月数が減るごとに端末総額は減額されていきます。ちなみにAuはまだ採用していないようです。)

となるとAuの機種しかないのですが、機種変だとパケットを最低2ヶ月程度の維持が必須ですし、端末代も安くない。困ったな~と思案していたところ、いわゆる白ROMをヤフオクや中古ショップ店頭なりで購入して、持ち込み機種変更すれば、トータルでは悪くないんじゃないか?と思いつき、早速相場を調べました。

ヤフオクで調べたのですが、やっぱり安い!4~5月の頃なら3万円弱だったようですが、Z4の発熱問題やAndroid5.0(ロリポップ)アップデート対応の発表も重なって、ちょっと値上がりしていました。結局、送料込み35000円弱で手に入ったのでまぁ良いかなと(・∀・)(白が欲しかったけど黒も悪くはないです。)この記事を書いている今だと35~37kぐらいまでに落札相場が上がっていますね。場合によっては40kになってしまうかも?しれませんね。

Auショップで持ち込み機種変更をする

届いた白ROMに問題が無いことを確認してからAuショップへ。手数料は2160円を払って持ち込み機種変更してきました。(4GLTE>4GLTEの場合。VoLTE対応機種への機変だと3240円)

今までのLTEプラン、誰でも割の残存期間は引き継ぎ、保険については移行が無理なので解約となりました。あとSIMの変更ですね。LTENETとパケは契約していないのでそのまま無しです。

詳しくはAu公式サイト内のこちらのページから確認出来ます。(また、条件によってはこの通りにならないこともあるかと思うので、Auショップに行って相談をするのが手っ取り早いです。)

これで暫くは様子見をしようかなと思っています。Z3TCもあり又Z3同士ということでデータのやり取りも快適です。こうなってくるとアニメ消化のためのnasneも欲しくなってきてしまいますw 他にもRX100シリーズ等のコンデジ更新、ストロボ、据え置きハイレゾアンプ等気になる物はろいろあるわけですが、(´ε`;)ウーン…まぁ随時検討します。

端末の保険についての考察

白ROMや中古なら外部の保険を使うのも手です。ヤフオクでの購入なら中古スマホ安心保証(白ROMもOK)がありますし、ドスパラでも外部保険を取り扱っています。個人的にはドスパラの保証のほうが使い勝手が良さそうかなと感じています。

ヤフオクの中古スマホ安心保証

1、画面割れ、水没には対応しない
2、年一回:修理2万円までの保証で昨今のスマホの値段からするとちょっと物足りない(3万は欲しいかなと)
3、月額525円(今はキャンペーンで324円)の2年契約が基本。
4、購入してから加入できる期間が短い(おそらく2週間以内)
5、Yahoo!ウォレットを利用するみたいなのでプレミアム会員限定か?
6、維持費は安め。

ドスパラのモバイルセーフティサービス

1、画面割れ、水没対応(すなわち自己過失にも対応)
2、いつでも加入ができるし、また希望の当月での解約もできる。
3、680円(税別)で3万円迄保証が受けれる。追加100円で4万に、追加150円で5万円まで保証アップ。
4、欠点はちょっと高いこと。この点についてはメーカー保証が切れる頃を見計らって加入。手放す直前で解約でするのはいかがでしょうか?

ああ、機種比較してなかった^^;

簡単に性能比較表を作ってみました。
(Z2を外していますが、Z1持ちの人がまだ多いと勘案して外しました^^;)

XPERIAZ3 スペック比較表

ZとZ3の比較ですがZに大きく不満があったわけではありません。通話品質やアプリの安定性、GPSやWi-Fiの感度、液晶品質、音楽再生、動画再生、CPUやMemoryのスペックなど。ただ、Z3TCとの連携を考えるとAndroid4.4以上が必須であったことやZ3なら24bit96KHzのハイレゾプレイヤーとしての機能も内包している、そしてSIMロック解除制度導入で端末の値段が、今後、大幅に上る前に機種変したかったというだけです。普通の使い方ならZやZ1はスペック的に現役だと思います。(おそらくMVNO向けに投入されている端末より性能が良いでしょう。ASUSのZenPone2には負けるかもしれませんが^^;)

余ったXPERIA Zは売却する方向です。(買い取りは10~13kぐらいでしょうか)

2015年7/14 追記

約14kの満額回答をもらったので売却してきました。事務手数料とか周辺機器を考量しなければ、21kでXPERIA Z3が手に入った計算ですね(・∀・) 後述していますが傷一つ無い綺麗な状況で使い切ることも大事ですね!

Wi-Fiや音楽端末としてやAu系MVNOである(mineo、UQ mobile)のSIMを挿して運用もできますが、私はモバイルWi-Fiルーター(ワイモバイル305ZT)があるのでパケット関係はこれで十分なのです(月2~3GB以下の利用)なのでキャリアのパケプランは暫くは要らなかったりします。将来的にはまた検討します。今年12月の更新月が来たらMNPで別のキャリア&端末(docomo、ソフトバンク、ワイモバイルのiPhoneシリーズ、Nexusシリーズ又はガラケー等)に移して、余ったZ3はUQ mobileのSIM(音声又はデータ)を契約しようかなと今は考えています。

Z3TCとZ3の液晶画質の違いなど

スペック的にはほぼ同じZ3同士なので差はほとんどありません。Wi-Fiスペック、カメラ性能、電話が出来るか否かぐらいでしょう。

ただ液晶の発色はちょっと違いましたね。

写真を見てもらうと分かりますが、Z3TCが全体的にやや明るくシャドウ部も残すのに対して、Z3の方はシャドウ部をかなり〆てコントラストを上げ色彩も少し強めな傾向が見て取れると思います

但しこれは好みのレベルの問題かもしれません。(両方共ソニーらしい色合いや明るさ、コントラストの強い発色ではあると思います。やや青みが強いのも特徴ですね。それに比べるとiOS端末は本当にナチュラル系な発色で綺麗だなと思います。どちらにしても液晶は素晴らしく選択には困りますね。)

撮影(現像)条件

動画素材はYouTubeのGARNiDELiAのBLAZINGのPV(1080P)をストリーミング再生して切り出したモノ。


写真はEOS6D+EF40mmSTMで撮影し、DPP4にてデジタルレンズオプティマイザを適用(諸収差修正)、トリミング、傾斜処理、ホワイトバランス調整しただけの全く同調整のみ。(色合い、コントラスト、シャープネス、ノイズ、露出の処理は一切加えていませんので見た目に近いと思います。)

端末側の設定は、スタミナモードOFF、X-Reality for moblieをON

IMG_7107_R

IMG_7112_R

IMG_7116_R
あと保護フィルムによる差も若干あるかもしれません。

XPERIA Z3の周辺機器のことなど

Z3TCがレイ・アウトの高光沢液晶保護フィルムに対して、Z3はWANLOKのガラスフィルムを初めて買って貼ってみました。両面で1200円弱の製品ですが悪く無いですね。ガラスフィルムは4000円ぐらいするのが当たり前だと思っていたので、この半年ぐらいでかなり安くなっていたようで嬉しい限りです。勿論、高級品の方が性能は良いと思います。またガラスフィルムはとても貼りやすいのですね、初めて知りました。

このガラスフィルムの硬度は9Hで傷とかには強いと思います、ただ、指紋には弱いかもしれません。液晶画面を点灯させてしまえば全く気になりませんが、消灯時はやや気になります。あと拭き取るときはマイクロファイバークロスでかなり強く拭き取らないと落ちません。タッチスムースさはガラスに勝敗が上がります。一方で高光沢液晶保護フィルムの方は硬度5Hでガラスに強度面で劣ります。指紋にも弱くガラス以上に目立ちやすいのですが、サッと拭き取れるところは良い点だと思います。(私は液晶等はグレア派)

あとケースについてはラスタバナナ製の手帳型ケースが定番らしいですが、留め金フック部分にマグネット付、卓上ホルダ充電対応ということでTMY社の手帳型ケースを買ってみました。レザーは合成皮革だと思いますが、触り心地はスムース、色合いも良く、後ろのカメラホールや前面の送受話器部のホールもきちんと対応してあり、1980円にしてはかなり良く出来ているなと感じました。とにかく傷を付けずに次の機種まで大事に使うということは乗り換え時の諸費用を安く上げるためには必要不可欠なので、ケースは無名メーカーでもガッチリ保護出来る製品を選ぶようにはしています。個人的にオススメしたいです(・∀・)

また急速充電器を紹介していますが、QuickCharge2.0に対応しているのであると便利です!(PCのUSBや一般の急速ACコンセントタイプより早く充電が出来ます。)

あとはiPod touch 6thの噂(7/14発表で新色?はたまたA7CPU&Memory1GBの新機種?)がまた最近出てきているので、この辺りも気になるデバイスです(またですかw

7/16追記

本当に第6世代が登場するとは思いませんでした^^;それもまさかのA8コア(iphone6のCPU)とは…。クロック周波数が1.3>1.1GHzと少し落とされていますが、概ねiphone6比15%の性能down=iphone5s同等の性能のようです。最新のCPUを使いながらも今までの薄型軽量サイズで、第5世代並のバッテリーの持ちはなかなか良いかなと感じました。可能ならGPS、環境光&近接センサーがあれば文句なしでした。すぐには買いませんが、近いうちに5thから買い換えしたいですね(・∀・)

 
記事検索
タグクラウド
メッセージ

名前
本文
忍者ANALYZE
  • ライブドアブログ