些細な幸せを生きる糧に

日々あったことや、気になること、購入したものなどを、徒然なるままに記していきます。

PS4

PS4版 機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON(マキオン)先行体験会の感想

PS4MBON


4月下旬に行われたネットワークテスト(俗に言うクローズドβテスト)は抽選に外れてしまったので、今回、ようやく参加できました!

EXVSシリーズのファンは言うまでもないですが、格ゲーファンも注目していたこともあり、終始大盛況だったかと思います。今回はホストをしませんでしたが、3~5時間連続プレイルームもざらで気力体力充実しているな~と感嘆しました。(私は1回約2時間程度でダウンしていましたね…若さには勝てないorz)

今回はトータルで4回:150~200試合ぐらいオンライン対戦をやったのかな。

通信対戦で遊んだ方はもう体感済みでしょうが、マッチングがメッチャ速かったですね!!前作のEXVSFB(フルブ)とは段違いでした。グラフィック面でもFF7Rのように見惚れるような綺麗さはありませんでしたが前作よりかなり向上していましたし、画面に弾幕ミサイルとか飛び交う状況でも処理落ちしていなかったのは、やはり、PS4の性能による恩恵でしょうね。(バーサスもグラや処理は別の意味で良かった。)

体験会ゆえの機能制限もありましたが、もう、このまま発売しても良さそうな出来で安心しました。(細かい部分で修正してほしいところはあったので、一応、要望はあげておこうかと思います。)

予約については心配されていたDL版も始まりましたね。ノーマルorプレG、パッケージorDL版と選択肢がありますが、私はノーマルパッケージ版を予約しました。(通販サイトのポイント利用でかなり安く買えること、カスサンは自前でほぼ用意出来るので。)

PS4のSSDも検討しましたがHDDインストールでも不満がなかったので、今後のPS5購入費用に回したいと思います。

以下、細かい処をちょっとだけ。

【回線判定、マッチング等】

私の環境はNURO光&有線LANなのですが、フルブやバーサスと同じく最高回線判定の青で対戦出来ました。4人の中で1人以上黄色や緑判定の方が入ると、それに合わせて体感速度は落ちていました。しかしながら、ランクマでなければ必ずしも青判定に拘る必要はないかなと個人的には感じました。黄色ぐらいまではやれるかな?(フルブワンマッチの黄色判定までは慣れているので)

回線判定の信頼度は、フルブ≧マキオン≫バーサスのような気がしました。

NURO光&有線LAN(NAT2)でもいわゆる黒回線が見える場合があるのと、緑でも相性が合わないと対戦が始まらないので…。これはきちんと修正してほしい案件です!

マッチングについて爆速なのは言うまでもなしです。

※[注意]

ここで言う回線判定はルームに入った時に他の方がどの色に見えるかです。(相手が青に見える≒自分も相手から青に見える)フルブの時はPSN鯖とのPing通信による自己回線判定がありましたが、マキオン体験版では今のところありません。

【有線と無線LAN】

次回の体験会でいちど無線(Wi-Fiの5GHz)を試して見ようかと思いますが、可能なら有線固定回線がやはり安定するでしょう。とはいえ家庭(個人)の事情は人それぞれですから、ホストが指定した条件のルームの中で遊んでいけばいいと思います。でも、黄色判定は必須かな~…。

6/27 Wi-Fi 5GHzを試してみました。

判定は緑回線。個人的にはやれないことはないかなと感じましたが、有線を経験してしまうとやはり微ラグはあります。

【初心者問題】

これは毎回問題となりますね…。

今回はランクマがないので階級も勝率縛りもほとんど意味をなしません。ある意味、良心による自己申告制ですよね。私はAC経験無しの家庭用Only勢で、フルブは勝率47%ぐらい、バーサスはステダイブが自分に合っていたのか?わかりませんが、55%ぐらいで初級中〜初級上ぐらいかなと思っています。これで中級者とかは無理ですね…。(フルブ等で参加したことがありますが、ほとんど何も出来ずに、後衛先落ちや二落ちして迷惑だけかけていました…(泣))

今回は初級部屋が見当たらなかったので心苦しいながら初心者部屋で遊んでいたのですが、ルーム内勝率でだいたい40~54%の結果でした。

18人初心者部屋の大まかな内訳(個人的な体験と私感による)

勝率55%〜:4割 強キャラで振り回す人もいましたが、基礎をほぼこなす初級上レベル
勝率35~55%:3割 なにかしらの基礎的なプレイに問題がある初級者下~中レベル
勝率30%以下:3割 本当の初心者かと…。

本当の初心者は初心者部屋で約3割しか存在しないという結果でした。なので、初心者部屋の下にガチ初心者部屋が用意されていましたね…。個人的な意見ですが、初級部屋が増えてくれば(フルブ、バーサスではあまり普及しなかったのですが)また変わるのかなと思っています。

本当の初心者さんの対策は…以下の3つでしょうか?

1、ガチ初心者部屋を選ぶ(対戦してみて自分に合っているか?要確認)

2、1の条件でホストをやり、自分のレベルに合わせてメンツを揃えていく。(キックすることで煽りメッセが届く可能性があるので、PSNの個人設定でメールを受け取らない設定にしておきましょう。)

3、初心者部屋を試練部屋と思い、ボロ負けしながらも学んでいく。(メンタルが強い人はこれもあり。)

製品版が発売されてランクマ開始から10日程度経てば、階級がヒエラルキー構造にきちんとなっていくはずなので、階級や勝率縛りも意味をなしてくると思います。

フルブ同様、次の家庭版新作が出るまで遊べるゲームになると思うので、ガチ初心者さんがこの先行体験会で心が折れることなく、このシリーズのファンになることを切に願っております!(私も勝率55%以上且つ中級クラスに上がれるよう頑張ります。)

※(おことわり)
ランクについてはあくまで私の個人的な感覚ですので、人によって判断は変わると思います。なんとなくの目安程度になれば幸いに存じます。


以上、マキオン先行体験会の感想でした~。


ブログ更新したの3年ぶり…。(いろいろあって、なかなか書こうという気持ちになれませんでした。)それでも、皆さんがNURO光導入の記事やEXVSFBにおけるポート開放記事などに今でもアクセスがあったことに心より感謝します。

PS4 発表会を視聴しました&感想&スペック情報まとめ(;・∀・)

本日、日本時間 朝8時から開始された

PS4のストリーミング放送発表会を視聴しました。

内容的には、簡単なスペック紹介と主に海外メーカーのソフトデモがほとんで、日本メーカーからはカプコンとスクエニがPS4用の新しいゲームエンジンの紹介を行った程度で、中身は薄かったかと思います。


公式スペックのプレスリリースが合ったので更新します。11時過ぎ公開

PlayStation 4(PS4)

Main Processor Single-chip custom processor

CPU : x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores

GPU : 1.84 TFLOPS, AMD next-generation Radeon based graphicsengine

メモリ: GDDR5 8GB(176GB/sの帯域確保)

ハードディスク: 内蔵(容量不明)

光学ドライブ:(読み出し専用
BD 6 倍速CAV&DVD 8 倍速CAV

入出力 Super-Speed USB (USB 3.0)ポート、AUX ポート

通信 Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)
IEEE 802.11 b/g/n(5GHz対応かは不明)
Bluetooth 2.1(EDR)
AV 出力 HDMI 出力端子
アナログAV 出力端子
光デジタル出力端子

コントローラーは、新型DualShock4
上面中央部にタッチパッド、その右横にオプションボタン(従来のセレクト&スタートの役割)、左横にはオンライン配信等に使うシェアボタンを装備。ヘッドフォン&マイク端子装備、内蔵スピーカーもあり。コントローラーとはいえかなりマルチ的デバイスとなっている模様。

参入ゲームソフトウェアメーカー 
2013/02/20現在

日本45 社

アークシステムワークス株式会社
株式会社アートディンク
アイディアファクトリー株式会社
株式会社アクワイア
株式会社アスキー・メディアワークス
株式会社イメージエポック
株式会社インデックス(アトラス)
株式会社ウィル
株式会社エクシング
エレクトロニック・アーツ株式会社
株式会社オーツー (peakvox)
株式会社ガスト
株式会社角川ゲームス
株式会社角川書店
株式会社カプコン
株式会社ガンバリオン
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
株式会社キャラアニ
株式会社グラスホッパー・マニファクチュア
株式会社クラフト&マイスター
株式会社グランゼーラ
元気株式会社
株式会社コーエーテクモゲームス
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
株式会社サイバーコネクトツー
システムソフト・アルファー株式会社
株式会社スクウェア・エニックス
株式会社スパイク・チュンソフト
株式会社セガ
株式会社ディースリー・パブリッシャー
株式会社ディンプス
株式会社トーセ
株式会社トライエース
株式会社日本一ソフトウェア
日本ファルコム株式会社
株式会社バンダイナムコゲームス
株式会社バンダイナムコスタジオ
プラチナゲームズ株式会社
株式会社フロム・ソフトウェア
ベセスダ・ソフトワークス
株式会社マーベラスAQL
株式会社MAGES.
株式会社ユークス
ユービーアイソフト株式会社
株式会社レベルファイブ


アジア4社、北米47社、ヨーロッパ53社

SNS強化も図っており、FacebookやUSTREAM連携もあり。自分のゲームプレイをUSTREAM配信が可能となっている。PCで言うところのリモートプレイ&サポートも可能。

スマホ(iPhone、Android)、タブレット(Android&iPad等)、PSVitaとの連携強化し、セカンドディスプレイとして使用可能。(専用アプリ:PlayStation Appを提供

クラウド型サービスの強化

サスペンド機能の装備。これにより、迅速な起動、バックグラウンドダウンロードやアップデート等が可能に。(Windowsのスタンバイモードと認識すれば良いかと。)

未確認ですが、互換性についてはなしという事で、情報修正致します。m(_ _)m

以上、こんなところです。

発表会では、本体外装&価格についての発表はありませんでした。(コントローラー本体のみ展示)

公式ツイッターより発売時期の発表がありました!2013年度年末商戦時期だそうです。

感想としては、とりあえず発表しました!というレベルで残念感が強かったです。日本のメーカーのソフトのプレゼンが2社だけで、しかもゲームエンジンのみの紹介では、買うとかそういうレベルの問題ではありません。発売が年内で確定したので、今後E3や秋の東京ゲームショウ前後で、発売価格やローンチ&開発中のソフトなどの発表になるかと予想します。

その時には、良い情報があるといいですね(;・∀・)

新しい情報があれば、随時、訂正&更新致します。m(_ _)m
記事検索
タグクラウド
メッセージ

名前
本文
忍者ANALYZE
  • ライブドアブログ