些細な幸せを生きる糧に

日々あったことや、気になること、購入したものなどを、徒然なるままに記していきます。

Alter

アルター(ALTER)Shining Blade Misty シャイニングブレイド ミスティ フィギュア撮影レビュー

アルター(ALTER)
Shining Blade Misty シャイニングブレイド ミスティ
フィギュア撮影レビュー

Alter_Misty42

このフィギュアの予約が開始されたのは去年のクリスマスの翌日である12月26日でした。定価が13650円だったので当時としては「正直かなり高い・・・h」とは思いましたが、あまりの造形の良さに、迷わず予約した事を思い出します。

当初の発売予定は2013年の5月でしたが、最近のアルターの一連の延期&恒例延期も重なって6月19日に発売となりました。私のところには21日に届きました。

撮影の方は26日から開始してようやく、本日公開と相成りました。


撮影機材は以下の通り(エントリーレベルの構成だと思います。)

カメラ EOS Kiss X3 (APS-C)
レンズ
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (model:272EE) (全般) 
SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX(DG無しモデルの旧型)(全身8方向ショットのみ)
SIGMA 17-70 F2.8-4 DC MACRO OS HSM(旧型:箱とブリスターパッケージのみ)

(クリックポップアップサイズは、長辺1280ドットです。)

ではサクッと」いきます!

まずは箱&ブリスターパックイメージから

箱は白を貴重としたパッケージ 最近のアルターはシンプルな気がします。

そしてこの箱がとても大きくて撮影に苦労しました(汗) ライトは全部で4灯使用しているのですが、光源不足で補助光としてストロボを初めて使いましたw あとから気づいたことですが、斜め後ろにいつも配置しているエッジ専用ライトを正面に使って、正面3方向から照らせばむらなく光を演出できたな~と反省しております・・・。

Alter_Misty01
Alter_Misty02

ブリスターパックイメージです。
2段重ねの構造となっています。ミスティ本体、ツインテール一式、マジックパラソル一式、エフェクト付専用台座1個、ノーマル丸型透明台座1個となっております。

Alter_Misty03
Alter_Misty04

全身8方向ショットです。

Alter_Misty05
Alter_Misty06
Alter_Misty07
Alter_Misty08
Alter_Misty09
Alter_Misty10
Alter_Misty11
Alter_Misty12

フィギュアの命のお顔のアップです。
デコマス時からの変化を感じません。さすがアルターというところでしょうか?

Alter_Misty13
Alter_Misty14
Alter_Misty15

バストアップスタイルで5方向での回転ショットです。
細部はこのあと部分アップでも紹介していきますが、全体的にレベルが高いです。

大きさ、素立ちではないポージングから出る躍動感、アルター独特の流れるような髪の毛のライン、綺麗な顔立ち&目線、スカートの裾の造り込み等、文句のつけようがありません。

Alter_Misty16
Alter_Misty17
Alter_Misty18
Alter_Misty19
Alter_Misty20

部分アップで紹介していきます。

まずツインテール
このツインテールの出来は、手持ちのアルターフェイト・テスタロッサ・ハラオウン 真・ソニックフォームの髪の毛の造形を思い出しますね~。

Alter_Misty21

背中のライン
塗装が綺麗!惚れ惚れしますよ~(〃∇〃)

Alter_Misty22

皆大好きおっぱい(・∀・)
言うことなし!一片の悔いなし!w

Alter_Misty23
Alter_Misty24
Alter_Misty25
Alter_Misty26

ギミックエフェクトの台座となります。
海賊らしい海の荒波を表現するような台座で、透明感があり、色合いもとっても綺麗です。

Alter_Misty27
Alter_Misty28

マジックパラソル
正直コレは取り付けに苦労しました。添付の紙の説明書通りではどうしようもなく、アルターブログの別パターンの動画を見て、それでもよく分からず、結局、Twitterのフォロワーさんにアドバイスを頂いてなんとか取り付けました。これはもうちょっと取り付けやすくして欲しかったなぁ・・・。

Alter_Misty29

左手に持たせるダガ-ナイフ?
これも持たせるというより指の隙間に挟み込むタイプですぐポロッと落ちてしまいます。こちらも固定方法に一工夫欲しかったですね~。

Alter_Misty30

ボディのアップを2方向から
パレオでスカートラインを隠しているのですが、大きなリボンを結いでTony氏らしいデザインだなぁと思いました♪
それを再現するアルターもさすがなのです!

Alter_Misty31
Alter_Misty32

スカートの中
スカートの裾シワの造形が半端ないです。普通のメーカーなら手抜きで再現するところをばっちり再現しています。しかも内部まで造形ラインがあるとか驚嘆の域を禁じえません(;・∀・)
そして、綺麗なヒップライン&ナイス御御足!

Alter_Misty33
Alter_Misty34

御御足
他の部分に比べると地味に見えるかもしれませんが、ナイス黒ストでしょうかね?

Alter_Misty35
Alter_Misty36

おまけ
決して管理人はローアングラーではありませんが、期待もあると思うので1枚だけ・・・。黒の網ショーツでした(〃∇〃)

Alter_Misty37

あとは自由雲台を使っての自由作例を少々

Alter_Misty38
Alter_Misty39
Alter_Misty40
Alter_Misty41
Alter_Misty42

前の首飾りを外すと、豊満なお胸をを堪能することができます(〃∇〃)
(首のパーティションラインが見えてしまうのが残念ですかね^^:)

Alter_Misty43


以上
アルター(ALTER) Shining Blade Misty シャイニングブレイド ミスティ
フィギュア撮影レビューでした~。

撮影後記:

予約してから約半年待たされましたが、デコマスからの劣化は全くといっていい程感じさせず、塗装&造形は完璧だったかと思います。(*^_^*) 唯一、欠点というほどではないのかもしれませんが、「右手のマジックパラソルや左手のダガーの装着の仕方が工夫されていれば更に良かったかな?」とは感じました。マジックパラソルの付け方については、アルターブログの動画を参考にしたほうが良いでしょう。それプラス親指をエフェクトパーツの隙間に通すことを意識すれば、無事、装着出来ると思います。

ミスティ自体には直接関係ないことですが、このフィギュアの定価は13650円です。予約したのは去年末だったので、アベノミクスや中国経済&世界経済の動向を受けていない時期での定価決定だったかと思います。そして2013年7月現在ですが、国内&中国&世界経済の変化により、原材料価格の上昇、中国側の賃金上昇、円安の影響も受けてか?各メーカー共、スケール品で2000円程度、ねんどろいど&figmaクラスで500円程度、定価が軒並み上がりました。今後、ミスティクラスの精巧なフィギュアでは定価15000~17000円というのも出てくるかもしれません・・・。

今月の28日開催のWF2013夏においては、おそらくメガホビで公開されたアルターシグナムのデコマスが公開されると思いますし、前後の予約開始も予想されます。何とか15000円以内で収まってくれればと切に願うばかりです。今のところフィギュアに割ける予算は増えてないので、多少購入数の減少となるかもしれません。(とはいっても、フィギュアレビューサイトとしては元々少ない方なんですけどねh)

撮影については、特に箱(W36xD22xH32cm)の撮影に苦労しました。対策方法は先に記したので今後はこの方法で臨みたいと思います。大きいフィギュアの場合、やはりワーキングディスタンスに苦労させられるのはいつものことです。全身8方向ショットでは、タム90ではきつくシグマ50mmを使いました。(両方テストしてみましたが、シグマ50mmで0.8m、タム90で1.4m必要でした。)APSC最初のマクロには50mm前後を1本用意し、そして追加で100mm前後をもう1本というのが理想的な流れかな?と思います。(但し、部屋が広い場合は100mm1本で良いと思いますし、フルサイズセンサーの方なら100mm1本でいいでしょう。)

あとはローアングル写真ですね。今回は1枚だけですが、この場合、撮影台の高さがないと寝転びながら撮影しないと正直無理ですw(バリアングル液晶機種であれば問題ありませんが^^:)

背景紙についてはミスティが海賊ということらしいのでブルーを選びました。これは正解だったかなと思います。露出のバランスもローアングルショット以外はほぼ同じ感覚で表現出来たかな?と。ボケ具合については撮影対象に応じて適宜変えました。最近はきっちり絞るよりボケを活かすショットを意識してます。マクロよりボケが出る
明るい単焦点レンズなどがあれば更に面白いでしょうね~。でも、間違いなく沼行きですw

今回の一番の習得は、Adobe Lightroom4.4の現像の仕方にようやく慣れてきたかな?ということでした。いつもよく使うパラメーターをプリセットしておけば、毎回微調整で済みますし、一つ前の現像設定をコピーして微調整ということができることも習得したので、コトブキヤのアスナのレビュー時よりかなり速く処理できたと思います。本来、教則本等を買えば普通に知っているであろう知識なのでしょうが、Adobe系の本は高いし分厚いしと躊躇していたので、フォロワーさんのご指南やネットで調べて分かって良かったなと思っています。

撮影については、箱やブリスターパックイメージ以外は概ね満足です。今後はライティング技術と自由作例表現の想像力を磨いて精進したいと思っております。

次のレビューは、予定通りならば、またもやミスティ(コトブキヤ)になりそうです。アルターのセイバードレスコードもありますが、おそらく8月にずれ込むことでしょう^^:

あと、明日、待ちに待ったEOS70Dの発表が控えているのでようやく機種変更選定を進められそうです。基本マウント変更は無しの路線で行きたいので、スペック、特に画質と高感度性能に期待したいです。ダメなら多少予算オーバーですがEOS6Dかな?と思っております。Canonお得意の後出し有利さで、直接のライバルであるNikonD7100と同等以上のスペックを魅せつけて欲しいと切に願っております。(それだけ、D7100は素晴らしいカメラなのダヨー^^:)

文章ベタで長くなりました。

最後までご鑑賞頂き、ありがとうございましたm(_ _)m


アルター 種島ぽぷら 撮影レビュー


アルター
種島ぽぷら 撮影レビュー


発売日は、2012年6月4日、Amazonから届いたのは6日の夕方でした~。Amazonはどうしても発売日の二日後となってしまいますね~。もう1日、早く届かないかなぁ・・・。


今回の撮影機材は、以下の通りです。

カメラ:
EOS Kiss x3
レンズ:
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (全般)
シグマ MACRO 50mm F2.8 EX(全身8方向ショット)
シグマ17-70 DC MACRO OS HSM (箱&ブリスター、台座)


では、レビュースタートです。

まずは、箱とブリスターパックイメージから

WORKING!! らしい、シンプルなデザインです。

Alter_Taneshima0003

Alter_Taneshima0004

ブリスターイメージ
同梱物は、本体、台座、コーラ&メロンソーダのアイスフロート部分2個となっています。

Alter_Taneshima0001

Alter_Taneshima0002

全身を8方向ショットで
片足を上げて、元気よく手を振り上げているポーズで、種島さんらしい元気な感じが見て取れます。

Alter_Taneshima0005

Alter_Taneshima0006

Alter_Taneshima0007

Alter_Taneshima0008

Alter_Taneshima0009

Alter_Taneshima0010

Alter_Taneshima0011

Alter_Taneshima0012

半身アップです。

Alter_Taneshima0013

Alter_Taneshima0014

Alter_Taneshima0015

大事なお顔のアップ 
クリクリとした大きな瞳が、先輩の可愛らしさをバッチリ表現しているかと思います。

Alter_Taneshima0022

Alter_Taneshima0023

Alter_Taneshima0024

ここからは、部分アップです。
どうしても目がいってしまう、種島さんのバストです・・・ウン、大きい(;゚д゚)ゴクリ…
ちっちゃくないよ!に、この胸は反則でしょう!!

Alter_Taneshima0017

Alter_Taneshima0026

Alter_Taneshima0025

おみ足
ちょうどいいサイズね^^

Alter_Taneshima0019

スカートが短いのか?ちょっと、パンチラしています。(;´∀`)…うわぁ…

Alter_Taneshima0020

種島さん、盛大にコケル! 白でした(。。:

Alter_Taneshima0028

エプロンのフリル
きちんと折り目が付いています。

Alter_Taneshima0018

後ろ姿
シワの入り具合もいい感じ。絵でもフィギュアでも質感を出すために重要なことですよね。

Alter_Taneshima0021

ローファー

Alter_Taneshima0029

唯一の細かいパーツかな
お盆と、コーラーフロート&メロンソーダフロート、スプーン、、コースター、ナプキン
こういう細かいところも、きちんと再現してくるのがアルターですね。質感文句なしです。

Alter_Taneshima0027

台座

Alter_Taneshima0031

ラストの決めショットで終わり。

Alter_Taneshima0030


以上、アルター 種島ぽぷら 撮影レビューでした~。



撮影後記:

発売直前に一度延期されたので、もしかしたら、山田葵の時みたく、何かしらのトラブルでも?と思ったのですが、デコマスから大きな変化もなく発売されたようです。ただ、顔の雰囲気については、どこがどう違うとはうまく説明できませんが、なんとなく変わったかな?という感じもしないではありません。でも、概ね、満足しています^^

これまでに発売された種島ぽぷら としては、間違いなく最高の逸品でしょう。

今回、レンズを3種類使って撮影してみたのですが、シグマ50mmは部分アップにはキツかったですね~。撮れないというわけではありませんが、かなり近づいて撮影しないといけないので、ライトの光が遮断されてしまうのが難点でした。全部一本でやるなら、タムロン90が安定でしょうか?あとは何故か分かりませんが?WBがズレまくっていたのが大失敗でした。現像時に、全体としてなんとか違和感がないように調整してみましたが、暖色感がなくなってしまったのが残念でなりません。今度は、箱&ブリスター撮影時、本体撮影時の2回、グレーカードでWBを調整して臨みたいところです。

記事検索
タグクラウド
メッセージ

名前
本文
忍者ANALYZE
  • ライブドアブログ