些細な幸せを生きる糧に

日々あったことや、気になること、購入したものなどを、徒然なるままに記していきます。

2014夏

艦これ日記 2014夏イベント MI作戦 E4攻略

艦これ日記
今日はMI作戦のE4攻略となります。
MI作戦発動

そしてMIのE4へ
再掲載ですが、E6突破を目指す提督向けに重要なことを押さえておきましょう!
(2014年8月11日夜現在の情報です)

1、AL作戦で出撃させた艦娘は使えません。

2、支援艦隊だけとして使った艦娘はMIはもとより、その後のE6でも使用できます。(一度でもMI攻略本隊に入れて出撃させたらNGなので、その点はお気をつけ下さい。)

3、AL作戦はかなり難易度の高いステージだったと思うので、E3は一度山の頂上を拝んで下るような感じとなります。しかしながら、2艦隊による連合艦隊を組む(支援艦隊も場合によっては使う)が故に資源の消費(特にボーキとバケツ)が一気に上がるので資源備蓄量に注意です。難易度は山を下るような感じになりますが、またE4~6にかけて、再び登頂みたいな感じとなるでしょう。(特にE6が…)

これを踏まえて、艦隊構成等を考えていきます。

まず、E6攻略に必要な艦隊を残しておきます。

今のところですが、戦艦x3、重雷装艦x1、軽空母x2が鉄板という感じのようです。(但し、情報は少ないので何とも言えません。また正規空母でもOKという話もありますがルートが悪くなるという噂も聞きました。)

手持ちに、もし大型艦があるなら絶対に残しておかないといけません。

仮構成:大和、武蔵、長門型x1、北上x1、軽空母x2

あと私のTwitterのフォロワーさんの情報では何かを抜いて航巡1を追加で入れる方法で削っているツイートをも見かけましたので、これも1枠残してほしいと思います。

あと支援艦隊分、最低でも決戦支援艦隊分の駆逐艦x2、軽空母(正規空母でもOK)x2、戦艦x2とそれの装備も残しておく必要があります。まぁこれはMIと共有できるのでそれでOKです。余裕があれば2セット分残して、道中支援艦隊分もですね。(私は決戦支援艦隊の1艦隊分だけ残しました。これが幸と出るか不幸と出るかはわかりません…。)

8/14 加筆修正

E6は道中支援は基本必須と考えたほうが良さそうです。E6突破を目指す提督は、2セット分の支援艦隊を用意しましょう。ここまで来ると、一部の艦娘や装備にLVの低さや弱さが出てきますが、キラ付によって多少の命中率アップが期待できるのでキラ付して運用しましょう。

道中は全員キラでほぼ全戦闘に来てくれます。

決戦は、旗艦のキラで確実に来てくれますが、全員キラなら命中率アップがあるそうです。

E6で必要な資源は約ALL4万弱、ボス到達率は約5割程度らしいです。本隊は戦艦以外にキラ付推奨とのこと。コンデ60が目安。まぁ全員つけれるのがいいですが、ALで苦労しましたから骨は折れますね…h。あと1戦毎の疲労抜き(S勝利帰還なら15分で通常の最高値コンデ49まで戻ります)

では、今回のE4で使う艦種です。

基本はE3とほぼ同じですが、あきつ丸改LV25以上(第一艦隊旗艦)か駆逐艦x4(第二艦隊)で初戦の下ルートスタートを固定できるので手持ちでどちらかを選択してください。

私はあきつ丸LV14を所持していたのでLV25に育て改装して組み込みました。(以下、あきつ丸編成での話)

第一艦隊

戦艦;金剛型x2 榛名改二と金剛改二をチョイス(ケッコンカッコカリで強くなっているため)

火力の霧島に正直悩みましたが、総合力としての金剛と対空&運の榛名を選びました。

正規空母:加賀、赤城、飛龍の3人。予備は蒼龍です。(空母は索敵&制空権用途がメインです

一航戦については積載数が多い故。二航戦については個人的趣味かな。五航戦は支援艦隊用途として残しています。

あきつ丸改(LV25以上)が今回の要です。第一艦隊旗艦にします。なぜかすべての戦闘においてノーダメージ、そしてボスに対しても必ず30ぐらいのダメが入ります。これはかなり楽です。揚陸艦ですが、個人的に銀英伝でいう強襲揚陸艦陸戦部隊のローゼンリッターさながらの活躍をしてくれます(笑)

第二艦隊

E3構成から変更なし。


重雷装艦x1:サブがいたので北上を使うことにしました。キツかったらメインから木曽LV98を出す予定でしたが、結局、使いませんでした。重雷装艦の手持ちで最高LVの一人は必ずE6用に残してください。

軽巡洋艦x1:これはなんでも良いと思いますが、総合性能から那珂改二を選びました。夕張は4スロットあって良いと思うのですがHPが少ないのが欠点ですね。予備は神通です。夜戦&対空&HPを重視しました。

重巡(航巡)x2 航巡は手持ちが少なかったので最上と熊野で決定。利根筑摩がいればこの二人だと思います。
この二人は三式弾を積み、ボス戦のダメージ源となるので一番大事です。

駆逐艦x2~4:使う数は構成によっても変わりますが、一応4人用意して下さい。
私は運が高い雪風、時雨だけを使用。ヴェールヌイ、島風は予備です。

以上を踏まえて、私のE3艦隊構成を紹介します。(第一艦隊と第二艦隊をセット)
連合艦隊の組み方は、左上の第二艦隊の2の番号を1の番号にドラッグ・アンド・ドロップすればOKです♪
MI作戦E4艦隊構成

装備はこんな感じ
あきつ丸改(旗艦)烈風x2、零式戦艦21型(熟練)
金剛型x2 46主砲x2、水偵(水観)、32号電探
加賀:友永隊、流星改、烈風改、彩雲
赤城:江草隊、流星改、烈風、彩雲
飛龍:流星改、烈風、62型爆戦、彩雲
蒼龍(予備で使うなら戦艦x1を抜きます)流星改、烈風、流星改、二式

蒼龍を使う場合は制空権や索敵値を上げたい場合に

那珂:20.3cm主砲x2、九八式水上偵察機(夜偵)
駆逐艦x2:10cm連装高角砲x2、三式ソナー(ソナーは2戦目で上に行った時の潜水艦対策用)
北上:20.3cm主砲x2、甲標的(雷撃戦用)
航巡:20.3cm(3号)主砲、20.3cm(2号)主砲、水観、三式弾
(三式弾が効果的なので航巡がボス戦の要となります。というわけで一番下に配置)

基本的な方針として潜水艦対策、夜戦対策、二連撃仕様ベースです。

マップ(注意点を軽く記載しました。)

E4マップ

索敵値と対空値については2艦隊分で計算するのか?それともどちらか一方で判断するのか分からないのでここでは省かせて下さいm(_ _)m

上ルートで3回、下ルートで1回逸れたので微妙に索敵値が不足していたかもしれません。制空権に関してはボスでも航空優勢は取れていました。

ボス:

E3で途中ボスの中間棲姫がE4ボスです。9回撃破するとHPが50アップして若干固くなります。でも決戦支援艦隊は使わなくても倒せましたね。

撃破10回(S勝利10回でゲージ破壊でのクリアです)

初期形態
E4ボス初期形態 中間棲姫

最終形態
E4ボス最終形態

資源消費具合

こちらは1回あたりのデータです。一気に消費が増えました(;・∀・)
E4 艦隊資源消費具合(1回あたり)

E4だけの資源消費データ
(遠征を回しながらのデータとなります。)

燃料:8886
弾薬:5763
鋼鉄:2833
ボーキ:6754
バケツ:60個

E3よりは燃料、弾薬、ボーキ、バケツを使いましたね。でも許容範囲だと思います。

出撃回数:17回
(うちS撃破10回、索敵値不足?による逸れが上3回と下1回、大破撤退3回)

キラ付は特に無し

支援艦隊は無し

〆は最上の三式弾連撃!
E4クリア最上GJ

今回もスクリーンキャプチャーにて動画をとってみたので、参考にどうぞ。ラスト出撃の動画です。


報酬:

駆逐艦:時津風と女神ダメコンでした。
E4報酬 駆逐艦:時津風

E4報酬 女神ダメコン

ボスドロで早霜を拾えました!その他にあきつ丸&天津風&鈴谷&熊野を予備で拾えましたよ♪あとは清霜、大鯨x2、秋雲が拾えればパーフェクトなのですが…。
E4ボス Sドロ 駆逐艦:早霜
次はMIのE5となります。
MIのE5へ
ボーキ大食いのステージのようです。あとは上ルートは夜戦があって大変。出来るだけ下ルートで楽をしたいというのが本音です。ルート完全固定はあるようなないような・・・。ただ索敵値があればどちらにしてもボスには到達するようです。仔細はこれから調べます。

ここをクリア出来れば、正規空母の雲龍が手に入りますし達成感はかなりあると思います。残りのE6は運次第ですね。土曜日までにはE5突破したいです。

艦これ日記 2014夏イベント開始&E1クリア

待ちに待った、艦これ2014夏イベントが昨日から始まりました♪

メンテが予定より3時間近く長引いたりその後も断続的に鯖が重いなど、今日から始めた方も多いと思います。

私はメンテ明けに運良くログイン出来ましたが、低レベルでのテスト艦隊を1回試しただけで終わりました。

というわけで今日から本格的な攻略開始です。
AL作戦
まずはE1のマップから
攻略ポイントは、マップに書き込んでおきました。(南ルート限定です。)
艦これ夏イベント2014 E1マップ攻略用

艦隊構成:

貴重な軽空母が二人もorz
艦これ夏イベント2014 E1攻略艦隊

装備:

航戦:山城改 46主砲、35.6主砲(ダズル迷彩)、水上偵察機、照明弾
重巡:利根改&、筑摩改 20.3主砲x2(性能が一番良いモノを選択)、水上偵察機、(九八式水上偵察機(夜偵)、32号水上電探
軽巡:長良改 20.3主砲、三式ソナー&爆雷セット
軽空母:瑞鳳改&祥鳳改 烈風(改)x2、流星改or彗星一二甲、彩雲(二式飛行艇など)

索敵値:418確保
一度だけボスルートから外れました(;一_一)

所感:

ボスは正直弱いです。夜戦まで行ければまず撃破出来ます。撃破6回でクリア。道中が固定できるとはいえ、辛いマップだと思います。

出撃回数は14回。撤退8回は、軽空母か長良が2~3戦目で大破した時が一番多かったです。1戦目の潜水艦による撤退は1~2回でした。

ちなみに、途中で旗艦を長良に変えたところ、スムーズに行くようになりました。あと、3戦目を複縦陣>輪形陣に変更してからは3戦目の被弾が減りました。航空戦に有利な陣形かもしれません。

資源消費データ(1戦あたり)

艦これ夏イベント2014 E11回あたりの資源消費
E1トータルでは以下の結果に。(遠征を随時回しながらのデータです。)

燃料:4496
弾薬:840
鋼鉄:417
ボーキ:+930
バケツ:56個

燃料を多めに使いましたかね。

艦これ夏イベントAL作戦 E1クリア

報酬:

駆逐艦:春雨と特注大工職人x1でした。
艦これ夏イベントAL作戦 E1報酬:駆逐艦 春雨
次はE2ですね。

まだよく調べていませんが、E1の重巡x2、軽空母x2に駆逐艦x2を追加すればいけるとか?明日よく調べて挑みたいと思います。今回は隠しステージのEX6があるので構成をよくよく考えて艦隊を構成していかないとE5で詰んだということになるかもしれません…。EX6の強さを見ただけでも、かなり無理な気はしますが( ;∀;)

やれるだけベストは尽くすつもりです(`・ω・´)ゞ
艦これ夏イベントAL海域 E2

艦これ日記 夏イベ2014 Did you ready?

久しぶりの艦これ日記です。

待ちに待った2014年夏イベの開催が明日に迫りました!予定通りAL/MI作戦となるようです。

私の方も春イベ終了後から大型建造を回したり、LV上げ、装備開発と少しずつ準備してきました。実戦レベル(80前後)を念頭に満遍なく揃えてきたつもりですが、艦隊司令部Levelが100オーバーなのでちょっと物足りない可能性もあります(;・∀・)

とりあえず艦種別に公開したいと思います。

まずは戦艦から

高速戦艦といえば金剛型。ケッコンカッコカリ二人を含めて問題無いと思います。比叡は新規カットがどうしても好きになれなくて改二にはしていません。

艦これ2014夏イベント高速型戦艦(金剛型)
次は低速戦艦組(長門型、伊勢型、扶桑型)
航空戦艦は全員LV82なのですが、今回、肝になるような気もしますね~。
艦これ2014夏イベント低速型戦艦(扶桑型&長門型)

そして春イベ以後に建造した大型艦

無事成長して、今回のイベントに満を持して投入出来ます。大和とビス子は一回改造できますが、まだしていません。
艦これ2014夏イベント大型艦

AL作戦で重要と思われるのが、史実通りなら、重巡洋艦、軽巡洋艦、駆逐艦、軽空母、潜水艦となるわけですが、こんな感じに。

重巡洋艦

艦これ2014夏イベント重巡洋艦
軽巡洋艦

艦これ2014夏イベント軽巡洋艦
軽空母

艦これ2014夏イベント軽空母
駆逐艦

艦これ2014夏イベント駆逐艦
潜水艦

艦これ2014夏イベント潜水艦

軽空母はちょっとやばいかもしれませんh 龍驤はLV55で使えないので、ALで使ってしまったらMI枠がありません…。

MI主力と予想される航空巡洋艦、正規空母。おまけ重雷装艦

航空巡洋艦

艦これ2014夏イベント航空巡洋艦
正規空母

艦これ2014夏イベント正規空母
重雷装艦(出番は少ないかな?)

艦これ2014夏イベント重雷装艦
こちらも航空巡洋艦の数が不足しています。次に続くのは利根型LV62の二人なので、実戦投入は無理でしょう。となると重巡の鈴谷をコンバートする可能性が高そうです。

装備群

艦載機が一番重要だと思いますが、以下の通り。
彗星一二甲はなかなか作れませんでした。地味に水上観測機も痛いですh

烈風(烈風改含む):17
紫電改二:11
彗星一二型甲:8
Ju87C改:2
流星:22
流星改:11
水観測機:0(間違えて2つ廃棄してしましたorz)
二式艦上偵察機:2(代わりは彩雲かな…。)
62型爆戦:12

主砲関連は命中率マイナス補正が入ったので組み合わせの考慮が必須ですね。(46主砲は8砲に増えました。)電探はレアの14、32、33号(これだけ2つ)をようやく1つずつ手に入れました。

資源の貯蓄具合ですが、前回とほぼ同じぐらいです。弾薬とボーキは1万減、バケツは700程アップ。仮にAL/MIと分かれて2倍消費となっても大丈夫なはずです。貯め過ぎかな?とも思いますが、精神的な余裕は持っておきたい性格なので(;・∀・)

艦これ2014夏イベ前資源貯蓄状況

明日のメンテは1時間伸びて11~19時みたいですね。今晩から明日のイベントに関する運営のツイート(ヒント)が流れるらしいのでこれは要チェックですね。

目標は全ステージクリア&全報酬

提督の皆様、頑張っていきましょう!

ワンフェス 2014夏 当ブログ内まとめ&個人的反省会

ワンダーフェスティバル(ワンフェス)2014夏
当ブログ内検索用まとめ&撮影後記(反省会)
IMG_2753
後日、検索しやすいように当ブログ内の記事をまとめておこうかと思います。

事前準備&WF当日の感想

事前準備&撮影機材編

2014年7月27日(日曜日)参加当日の感想

レビュー 一覧

アルター編

コトブキヤ編

グッスマ連合編

アクアマリン編

etc編その1(アニプレックス、X-PLUS、PLUM、メガハウス、あみあみ)

etc編その2(アルカディア、キューズQ、アオシマ、プルクラ、ムービック)


etc編その3(ボークス、グリフォン、アルファマックス&スカイチューブ)

セガ編


ホビージャパン(AMAKUNI)編

今回の撮影機材

WF2014冬 撮影機材

一眼レフ: Canon EOS 6D
ズームレンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM
マクロレンズ:TAMRON SP90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
外付けストロボ:スピードライト270EX
ディフューザー:HAKUBA(ハクバ) クリップオンストロボディフューザーM
CPLフィルター:TiANYA 薄枠設計 XS-Pro1 Digital 円偏光CPLフィルター 77mm&58mm
BLACKRAPID(ブラックラピッド)の速写ストラップ:METRO(メトロ)
SDHCメモリカード:Sandisk Extreme(45MB/s読み書きタイプ)SDHC UHS-I対応32GB
予備SDHCメモリーカード:CLASS10 東芝16GB、KINGMAX16GB
予備の純正バッテリー :LP-E6 x1、NB-5Lx1
ストロボのバッテリー:SONY サイクルエナジーゴールド単3x4本(容量3倍なので実質6セット分)
コンデジ:Canon PowerShot S100 with Transcend Wi-Fi SD Card 16GB
モバイルバッテリー:Anker Astro3E 大容量モバイルバッテリー 10000mAH
iPod touch 5th
スマートフォン:Au XperiaUL SOL22
mobileWi-Fiルーター:docomo L-09C(Xi対応)

黄色の部分が前回との変更点です


撮影後記(反省会)

暑い暑い1日でしたが、なんとか無事、生還出来ました。(温暖化現象のせいもあって年々暑くなっていますね~h まずは体調管理大事!)

前回(2014冬)は大雪のせいで地元駅から移動することも出来ずどうしようもなかったので、参加できたことを嬉しく思います。

通算としては2011年冬から7回目。6回目から一眼をEOS 6Dに変更して、フルサイズとしては2回目のワンフェスでした。

当日の行動や所感については、上記記載Linkページの「参加当日の感想」を見て頂ければと思います。

以下、ここからは反省会となります。

カメラが6Dとなってワンフェスは2回目だったのですが、これまでにキャラホビ2013やメガホビ2回を経験していたので、比較的歩留まりは良かったかな~と思います。

事前に自宅のフィギュアで100枚以上試行錯誤の仮想練習をした効果もあり、「ピンずれの少ない写真を数多く撮れましたし、画質も最高ではないにしても機材のポテンシャルを前回以上に出せたとは思っています。」

所々でストロボ光が強すぎて背景に強い影を残すという失敗もありました。上がりとしてはオーバーよりもややアンダーぐらいのほうが現像では調整しやすかったですね(笑)Lightroom4.4の現像にも慣れたことも向上に繋がったかと思います。今年はVer.6が出そうでしょうか?

露出についてはトータル的にはまぁまぁでしたが、構図についてはブロガーの皆様は、部分アップ写真を複数枚追加で撮っていて「さすがだな~h」と痛感致しました。 

では、各部をポイント的に見て行きたいと思います。

・ピント精度については前回よりアップでした(・∀・)

これは予想以上の向上でした。SS1/180の設定に手ぶれ補正付きレンズは、自分の体に合っていたということですね。通常ならSSは1/100のマージンをとれば十分だと思いますが、頚椎ヘルニア持ちの私特有の設定と思って頂ければと思います。

それと、事前練習で『シャッター半押しのあと粘ること無く、すぐにシャッターを切る!』これを体感で会得したこともプラスに働きました。以前は少し間を置いていたのですが、今回の方法のほうがピンズレが起きにくいことに気づいて良かったです。勿論、ボディやレンズの組み合わせによっても変わりますし、メーカーや人によっても違うと思いますが、私には相性バッチリでした(・∀・)

・AWBもほぼ正確だったかなと。

現像時にWBを調整した写真は指で数える程度でした。(グリフォンのデカ桐乃の写真、アクアマリンの小鳥遊六花の太腿部分ぐらいかな?)特に肌やホワイト部分が黄色っぽい感じにならなかったのは、現像スピードの高速化に貢献です。(微妙にズレているかもしれませんが、個人的には気にならないレベルと判断しています。)

これは前回の反省会でもコメントしましたが、速写ストラップの利用ですね。

持ち物重量が着替え&汗ふきタオル&お昼等で冬以上に結構増えているにもかかわらず、ラストまで腕筋が持ちましたし肩も痛くなかったです!翌日に疲れが出たのは、足の筋肉痛と頚椎ヘルニアによる首や腰の痛みだけでした。こればっかりは、仕方ないことですね^^: ホールディングがしやすい、サッと構えやすいのもメリットの一つでしょう。

ここからはセッティングやデータ的な事を紹介したいと思います。

撮影枚数:

RAW+JPEGで1122枚(実質561枚)の14.5GBでした。

(うち現像したのは198枚。予備として1~2枚は必ず撮っておいた感じです。あとはネームプレートの類ですね。)

前回より236枚(RAW+JPEG比)増えました。これは企業ブースを比較的満遍なく回ったゆえだと思います。容量的にも32GB1枚で十分でしたね。ちなみにバッテリーの方は約65%使用、ストロボ用単三電池の交換は無しでした。(ストロボは途中で交換しても良かったかな^^;)

・撮影方法:

絞り優先(Av)モード&ストロボ同調(SS1/180)で撮影しました。

マニュアルモードは事前に検討しましたが、ストロボのマニュアル発光設定をボディ側で設定しないといけないスピードライト270EXでは不便かな?と思い、諦めました。

・焦点距離データは前回と変わらないと思うので省略いたします。前回データはこちらのLinkからどうぞ

・全て水平撮りで撮影し、トリミング現像をしました。

それゆえ30~55mmが一番多くなっています。EOS6Dの横取りでAF測距点の一番上に目を合わせるとこんな感じになると思って下さい。次に多い70~99mmはバストアップで撮影した場合の結果ですね。あと、ねんどろいど&figmaサイズもここに当てはまります。24~28mmはブース全体の撮影に、100~105mmはネームプレートや商品規格化プレートの撮影で主に使用しました。上位機種である5Dmk3や縦撮りをした場合、データは変わってくるかと思います。(テレ端側にシフトするはず。)

撮影距離データ

最短撮影距離が0.45mのレンズなので実質のワーキングディスタンスは(レンズ先端からピント測距点)は20~30センチ以内だったかと。これだと前に割り込まれなくて済みます^^; 

絞りデータ:

メインはF8でサブにF11。稀にF13と16を使いました。(前回より少し開放にシフトしました

だいたいF8でフィギュアのラインはほぼキッチリ出るものの一緒にネームプレートを撮るとぼやけてちょっと読みづらい感じだと思って下さい。F11だとこれが若干改善ですね。F13と16は奥行きがあるフィギュアやねんぷち一斉集合とかの写真で隅々までピントを合わせたい場合にだけ使いました。

SSデータ:

1/180(ストロボ使用時、これに随時調光補正。)

スピードライト270EXを使用。スピードライト未使用時はSSが1/100以上は出るようなISO&露出補正をしていました。

ストロボはほぼバウンス型で発光させていました。ネームプレートや商品規格化プレートの類、ブース全体像などはストロボ反射や自然な露出が得られない事が多いのでノーストロボだったり、ストロボを使うにしても斜めから光を入れる感じで撮影していました。調光補正はだいたい+1~2程度盛っていましたね。(PLUMのブースでは黒背景だったのでちょっと苦労しました。湊智花は顔がかなり明るくなっているかと思いますh)

ISO設定:

ISO400と800がメイン。暗いと感じた時やノーストロボ時だけISO1600~3200を使いました。6400は数枚だけですね。ISOはある程度固定したほうが現像時に楽ではあります^^;とはいえ、プリセットを複数作れば解決にはなりますね。

データ的にははこんな感じでしょうか?

レビューが終わって現像して上がった写真については「個人的に前回よりトータル的に良かったかな?」と言いたいところですが、他の方のレビューをまだじっくり見ていないので「やっぱり、また精進が足りなかった…h」ということになりそうです(;・∀・)


ダラダラと書き出しましたが、

良かった点

1、ピンずれ率が前回よりも更に減少したこと(写真選別時の時間短縮)

2、露出のバラつきが以前よりは減ったこと。(現像時の時間短縮)

3、6DのAWBの正確性に助けられたこと。(現像時の時間短縮)

4、速写ストラップは重量負担軽減には確実に効果があったこと。(疲れにくい)

5、Lightroom4.4の現像にようやく慣れて処理スピードが上がったこと^^;

悪かった点

1、やはり反射には苦労したかなと。(毎度ですが^^:)

2、水平撮りしたわけですが、姿勢のせいでしょうか…やや右下がりの写真を量産してしまい、現像時に水平出しを余儀なくされました。

3、露出はトータルでは改善されたと思いますが、前述のとおり影が強く残る強発光もあったのは失敗でした。

4、カット的に全体像ぐらいしか取れなかったので、気に入ったフィギュアぐらいはバストアップないし別角度も増やしてみたいなと。

5、時間配分ミス。あと最低1時間程度欲しかった。(ダイパスを使って入場したので午前中は余裕モードだったのですが、午後に油断してタイムアウトを起こしました。回れなかったブースが2箇所あったり、持ち込んだマクロレンズを使用して再撮影予定のフィギュアを撮れませんでした。)

6、手ぶれ補正マクロレンズを持っていたのに使えなくて、お荷物だったこと(笑)

次回への対策・強化点など

1、時間的余裕を持ってブースを回り、お気に入りのフィギュアについては最低1カット以上増やす。

2、ストロボを強化したいですね~。430EXⅡの後継機の話が噂レベルで出ているのでこれがいいかな~?と思ったり。あとルミクエスト製のウルトラソフトやローグフラッシュベンター辺りのディフューザーに強化して光を満遍なく、且つややアンダー気味に弱く回したいところです。

こんなところかな。

一眼初心者さんから初級者クラスまでの人に参考になれば嬉しいなと思ったり^^:(中級クラスに入り込んだ人なら自力で解決案も導き出せると思うのでh)

最後に、当日、現地でお会いできたフォロワーさんと、ご挨拶や歓談が出来て嬉しかったです♪ また機会があればどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

それと、Twitterやブログ等で拡散してくれた方々に心より御礼申し上げますm(_ _)m あまり上手くない写真だったかと思いますが^^;、ありがとうございました(・∀・) これを励みにまた精進したいと思います!

以上、ワンフェス2014夏の個人的まとめ&反省会でした~。

長文且つ拙い文章に対して、ご閲覧ありがとうございましたm(_ _)m

ワンダーフェスティバル 2014夏 フォトレポート グッスマ連合編

ワンフェス 2014夏 フォトレポート
グッスマ連合編となります。

グッスマは一番最初に撮影して50分以内に抜けたのですが、それでも艦これとアイマスブースは最初に行かないと撮影出来ませんでした…。仕方ないので自分の気にいったフィギュアを中心に撮影してきたので、見ていだたければ幸いです。

キャプションは特に付けませんが、ラブライブ!のねんどろシリーズとFate関連のスケール、あとはニセコイの桐崎千棘、ISのシャルロットは気になりました♪

ではどうぞ。

WF2014s_GSC001

WF2014s_GSC002

WF2014s_GSC003

WF2014s_GSC004

WF2014s_GSC005

WF2014s_GSC006

WF2014s_GSC007

WF2014s_GSC008

WF2014s_GSC009

WF2014s_GSC010

WF2014s_GSC011

WF2014s_GSC013

WF2014s_GSC014

WF2014s_GSC015

WF2014s_GSC016

WF2014s_GSC017

WF2014s_GSC018

WF2014s_GSC019

WF2014s_GSC020

WF2014s_GSC021

WF2014s_GSC022

WF2014s_GSC023

WF2014s_GSC024

WF2014s_GSC025

WF2014s_GSC026

WF2014s_GSC027

WF2014s_GSC028

WF2014s_GSC029

WF2014s_GSC030

WF2014s_GSC031

WF2014s_GSC032

WF2014s_GSC033

WF2014s_GSC034

WF2014s_GSC035

WF2014s_GSC036

WF2014s_GSC037

WF2014s_GSC038

WF2014s_GSC039

WF2014s_GSC040

WF2014s_GSC041

WF2014s_GSC042

WF2014s_GSC043

WF2014s_GSC044

WF2014s_GSC045

WF2014s_GSC046

WF2014s_GSC047

WF2014s_GSC048

WF2014s_GSC049

WF2014s_GSC050

WF2014s_GSC051

WF2014s_GSC052

WF2014s_GSC053

WF2014s_GSC055

以上、ワンフェス2014夏 グッスマ編のフォトレポートでした。

これで私が撮影した写真は全部となります。

あとは全体のまとめLink&反省記事を一筆して、この一連のレポを締めくくりたいと思います。
記事検索
タグクラウド
メッセージ

名前
本文
忍者ANALYZE
  • ライブドアブログ