些細な幸せを生きる糧に

日々あったことや、気になること、購入したものなどを、徒然なるままに記していきます。

紅葉

成田山公園の紅葉を観てきました

11月最後の連休というか、実質今年最後の連休が終わってしまいましたね。

皆様は連休いかがお過ごしでしたでしょうか?

今回の連休は最終日を除きく好天に恵まれたと思うので、旅行や紅葉鑑賞、イベント等に外出された方も多かったのではないかな?と思います。

私は土曜日はちょっと欲しい物の下調べで某製品のテイスティングのためヨドバシに行って弄り倒してきました。月曜日は成田山公園の方へ紅葉散策をしてきましたよ♪

一眼レフ(EOS6D)とEF40mmSTM、EF24-105F4L、TAMRON90mmVCマクロにPLフィルターと持って出かけたのですが、こともあろうか、SDカードを人生初で忘れてしまいました(*ノω・*)テヘ 本来ならサブ機であるPowerShot S100があるのですがまだ修理から戻ってきてなかったので、結局スマホで撮影してきました(´・ω・`)ショボーン

それでもスマホ(Au SOL22 XPERIA Z)の裏面照射型センサーと簡易Mでの露出の制御だけは出来たのでそこそこは撮れたかなと。一眼に比べると画質、ボケの無さ、手ぶれ補正、AF精度で劣りましたが、良さそうなモノから数枚だけアップしたいと思います(^^ゞ

325_R

305_R

304_R

310_R

316_R

311_R

309_R

313_R

317_R

321_R

以上です。

千葉県の紅葉は関東だけでなく全国的にも遅い方なのでこれからが見頃というエリアも結構あります。地元もそうですし、養老渓谷辺りも来月頭ぐらいでしょうか?

成田山の人混みは年末年始は約270~300万人近く、節分の時も成田屋ということで著名人が来るので結構な人が訪れます。今回も公園内で紅葉イベントが催されていたということもあり、出店も含めて活気がありました。成田山というと鰻が有名なのですが老舗のお店にはたくさんのお客さんが集まっていました。うな重3000円前後だったかな?(お財布的に寂しくて食べれませんでしたがh)

代わりに暖かい甘酒を飲んで、家族へのおみやげにべったら漬けを購入して帰途につきました(^^♪

今度はちゃんと一眼で撮って少しでも綺麗な写真をアップしたいですね~(^^ゞ

紅葉を撮影してきました~♪ Canon EOS6D&EF24-105F4Lにて

先日、紅葉を撮影してきました♪

EOS6D EF24-105Lレンズキットを今年の夏に購入した時に紹介記事を書きましたが、この記事は今現在でも結構なアクセス数があるので、EOS6Dを検討している方も多いのかな?と感じています。

IMG_2044_R


そして今ちょうどCanonのゴールドラッシュプレミアムキャンペーン中でEOS6Dなら構成により1~2万のキャッシュバックを受けれるので尚更ですね♪(2014年1月13日迄)

キャンペーンの詳細はこちら

基本、フィギュアBlogをやっていますが、やはりフルサイズで風景を撮りたいという人もたくさんいらっしゃると思うので、今回は紅葉を撮影してみました。

場所は佐倉城址公園です。

佐倉城址公園の歴史について公式HPより引用致しました

佐倉城は、戦国時代中頃の天文年間(1532年から1552年)に千葉氏の一族である鹿島幹胤(かしまもとたね)が鹿島台に築いたといわれる中世城郭を原型として、江戸時代初期の慶長15年(1610年)に佐倉に封ぜられた土井利勝によって翌慶長16年(1611年)から元和2年(1616年)までの間に築造された平山城です。北に印旛沼、西と南に鹿島川・高崎川が流れる低地に西向きに突き出した、標高30m前後の台地先端に位置します。佐倉城はこうした地勢を巧みに利用し、水堀、空堀、土塁を築いて守りを固め、東につながる台地上に武家屋敷と町屋を配して、城下町としました。以後、江戸の東を守る要として、有力譜代大名が城主となり、歴代城主の多くが老中など幕府の要職に就きました。なかでも、幕末期の藩主・堀田正睦(ほった まさよし)は、日本を開国に導いた開明的な老中として有名です。
 明治維新後には城址に陸軍歩兵第二連隊(後に第五十七連隊=通称・佐倉連隊)が置かれたために櫓や門などはすべて取り壊され、昭和20年の終戦まで軍隊が置かれていました。
公園の本格的な整備は昭和54年度から始まり、水堀の復元・本丸跡・出丸跡・三逕亭(茶室)などが整備されました。また、昭和58年、明治百年記念事業として、公園隣接地に国立歴史民俗博物館が開館し、現在に至ります。

春には梅や桜も咲くので千葉としては成田山公園と並んで、花見&紅葉の名所となっております。

使用機材:

一眼レフ: Canon EOS6D
レンズ: EF24-105mm F4L IS USM
外付けストロボ:スピードライト 270EX
ディフューザー:ハクバ クリップオンストロボディフューザーM
CPLフィルター:・TiANYA 薄枠設計 XS-Pro1 Digital 円偏光CPLフィルター 77mm
BLACKRAPID(ブラックラピッド社)の速写ストラップ:METRO(メトロ)
SDHCメモリカード Sandisk Extreme(45MB/s読み書きタイプ)SDHC UHS-I対応32GB

以下、写真となります。(長辺1024ドッドにしておきました)

写真は撮って出しJPEGではなく、Adobe Lightroom4.4にて現像しております。

2013fall_kouyou-001

2013fall_kouyou-002

2013fall_kouyou-003

2013fall_kouyou-004

2013fall_kouyou-005

以下の2枚だけはTAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (model:272EE) で撮影しました。

こういう背景ボケを活かした撮影はマクロなり単焦点じゃないと出しにくいですよね~。(ちょっとAFのピンずれがありますorz)手ぶれ補正マクロや単焦点が欲しいです^^:
2013fall_kouyou-006

2013fall_kouyou-007

2013fall_kouyou-008

2013fall_kouyou-009

2013fall_kouyou-010

2013fall_kouyou-014

2013fall_kouyou-011

2013fall_kouyou-012

2013fall_kouyou-013

これから購入する人の参考になれば幸いです(`・ω・´)ゞ




ビックカメラ
ビックの場合、5年保証がポイントから付けれるので保証重視の方にはオススメです。

EOS 6D【EF24-105L IS USM レンズキット】/デジタル一眼
記事検索
タグクラウド
メッセージ

名前
本文
忍者ANALYZE
  • ライブドアブログ