些細な幸せを生きる糧に

日々あったことや、気になること、購入したものなどを、徒然なるままに記していきます。

映画

トータル・リコール2012年版(リメイク版)鑑賞しました(・∀・)

先週借りてきた映画3本のうちの2本目として

トータル・リコール(リメイク版:2012年)を鑑賞しました。

トータル・リコールは1990年にアーノルド・シュワルツネッガー氏主演で公開された映画ですが、今回のは同じ原作をベースとしたリメイク版となります。主役はコリン・ファレル氏です。

ファースト作品との比較ですが、まず町並みも含めてリアルになっています。しかしながら荒廃した街並という雰囲気の演出がとても趣深いです。その一方で首都高ハイウェイなどのシーンはハイテク感があり、うまく新旧を織り交ぜているなと感じました。ファーストは1990年の公開だったので未来の生活感はこんな感じになるであろうという予測も織り交ぜた斬新さを売りにしていたと思うので、22年経過した今、敢えて懐古風にしたのかもしれません。

内容的にはほぼ一緒ですが、過去作のほうが掘り起こし感は強かったかな?と思いました。かといってリメイク版が悪いというわけではありません。でも、初代のほうがインパクトが強かったかな?

地元のTSUTAYAでは上半期準新作レンタル人気度NO.1となっていましたが、昔見た人が借りたのかもしれませんね~。私もそんな一人です。

そこそこ面白かったというのが私の評価ですね。満足度75%ぐらいで及第点だと思います。

あと残るは「ボーン・レガシー」ですね。確かCIA関連のお話だったと思うので、いま話題のスノーデン氏繋がりもあるし、楽しめそうな気がします♪

感想はまた明日に(・∀・)ノ

バイオハザードダムネーション 鑑賞しました(・∀・) 感想

昨日、借りてきた映画3本のうちの1本である
バイオハザードダムネーションを鑑賞しました♪

バイオハザードダムネーションa


作品としては同じフルCG映画である前作「バイオハザードディジェネレーション」の続編となります。
でも、ストーリー的な繋がりは全くなく、ゲームでいうバイオハザード5と6の間の設定のようです。

主人公はBSAA所属のレオン、舞台は東スラブ共和国。そしてお馴染みのBOWが暴れてくれます((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

以下は感想。(ネタバレも若干含みます。)

まず、前作と比べると大幅にCGの質感が上がっています!正直、このレベルで作られているとは予想もしませんでした(;・∀・) PS3より凄いかも?

バイオハザードダムネーションb

バイオハザードダムネーションc


クリーチャーであるBOWもヌルヌル動いてくれます。特に後半に出てくる「タイラント強化版?(かなりデカイ!)」のみなぎった動きにはパワーを感じることでしょう。

ストーリーは触れてしまうと、これからレンタルして観る人にとってつまらなくなるので敢えて避けておきますが、とっても良かったです(*^_^*) 100分があっという間でした。

バイオハザードファンならお勧めですので、是非、見て頂きたいな~と思います♪

あ、そうだ自分はDVD版しか残っていなかったのでDVDで鑑賞しましたが、これだけ画質が良いならばBlu-ray版をお勧め致します。

次は何を観ようかな?^^

久しぶりに映画をレンタルしてみました~。

ちょっと最近忙しくて、ブログが放置気味になっていました(汗)

やらなければならない事はほぼ終わったので、また、少しずつ書いていけるかな?と思っています。

さて今日は、TSUTAYAから「準新作、旧作DVD&Blu-rayの100円均一セール」のメールが着ていたので、映画2本とアニメ一本を借りて来ました♪
IMG_2001

借りてきたのは上記の3本

トータル・リコール
ボーン・レガシー
バイオハザードダムネーションです。

トータル・リコールは懐かしいですね~。初代主役はアーノルド・シュワルツネッガーが演じていましたよね~。劇場まで観に行きましたよ~!あの時、奥さん役をやっていたブロンズ髪の女性の方綺麗だったなぁ・・・。(ってそっちの感想かい?w)

今作は新訳になるのかな?キャスト陣も当然違いますね~。ファースト作とどう変わったのか、楽しみです♪

2本目はボーン・レガシー

正直、この作品についてはよく分かりませんw シリーズ物のようですが、CIAという言葉に惹かれました・・・。「スパイものって、やっぱりゾクゾクするものがありますよね~。」スパイものとかアクション系映画は結構好みです(・∀・)

3本目は、ハイオハザードダムネーションです。

バイオハザードの3DCG映画の第2作目ですね!バイオシリーズはわたくし大ファンなので、これは外せません!しばらく在庫がずっと無かったのですが、今日は1本だけDVDが残っていたので押さえてきました!本当はBlu-ray版が良かったんですけど、ありませんでした(´Д⊂グスン

明日から暦的に3連休となるので「1本ずつ消化出来ればいいな」と思っています♪

他にもブログのエントリーネタはあるので楽しみにしていてください(・∀・)ノ

今日はここまでです~。

皆様、良い三連休を(*^_^*)

映画 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟 を観てきましたー(・∀・)

このブログでは既にご報告済みですが、

先週の3/1(金曜日)

映画 「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」を観て来ました。

IMG_1350


IMG_1343


IMG_1349

本来なら、第2弾特典のクリアシートが配布される3/2(土曜日)以降が良かったのですが、2日からは『機動戦士ガンダムUC6』の初日と被っており、物販エリアがひどい混雑になると予想し、回避した次第です。

というわけで劇場入場者先着特典である10万3000冊の電撃劇場文庫「とある魔術の禁書目録 ―ロード トゥ エンデュミオン―」はとっくに配布終了だったので、何ももらえませんでしたh

映画を見るにあたって、ニコ生一挙放送で『「とある魔術の禁書目録ⅠとⅡ』をおさらいがてらに全話見てから臨みましたが、キャラの相関関係がきちんと分かっている状態で鑑賞できたことは、結果的に内容を理解しやすかったかな?と思っています。(まぁ、内容をちょっと知っているだけでも、問題はなかったかもしれませんがw)

一応、原作ラノベとは無関係のオリジナル描き下ろしの作品だったのかな?(ラノベ未読なので、これについては自信無し。)

一人の歌姫である鳴護アリサがもたらす奇跡に、科学サイトと魔術サイドの対立。でも、やっぱり最後を任されるのは勿論、不幸の象徴である上条当麻さんw 今回はなんとシャトルを使い宇宙まで飛んで行き、無敵の右手であるイマジンブレイカーを以って「お前のその惨めな幻想をこの右手でブチ殺す(壊す)!」と決着をつけてくれます!ちなみにこのシーンでは神裂火織のとってもカッコイイ勇姿が見れるので、是非、まだ鑑賞していない方は楽しみにして欲しいです!

もちろん、キャスト陣はオールキャスト、上条当麻&インデックス、御坂美琴、白井黒子、初春飾利、佐天涙子、アンチスキル、御坂妹、神裂火織、ステイル・マグヌス、土御門元春、ラストオーダー、アクセラレーターと文句なし。ただ、なんだろう、シャットアウラさん(CV:日笠陽子さん)だけは、どうしても私の中で『けいおんの澪』になっていましたw

最初から最後まで一気に駆け抜けるようなストーリとカッコイイシーンの連発で、一時間半はあっという間でしたね!

作画最高、井口裕香さんが歌うテーマソング、鳴護アリサ(三澤紗千香さん)の劇中歌、エンディングテーマの川田まみさんの曲、どれも最高でした!見たら、絶対、聞きたくなるし、欲しくなると思いますよ~(・∀・)

映画の翌日にガンダムUC6も鑑賞しましたが、『エンデュミオンの奇蹟』の方が個人的には面白かったな~♪と思いました。この感じは、去年見た「魔法少女リリカルなのはTheMOVIE2ndA's」以来の感覚でしたね(*^_^*)

おみやげとして、インデックスと御坂美琴のストラップだけは買っておきました。一番高いロングタペストリーは売り切れていたようです。部屋に飾るには、タペストリーは良いですしね^^:

IMG_1355

今週末からは、公開映画館も増えるみたいですし「是非、劇場で見て貰いたいな~と思ったりとミサカはそっと呟いてみる♪」

春からは、待望の超電磁砲2期も始まります。こちらも楽しみですね(・∀・)

以上、「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」の感想でした~。

公式サイト


公式トレーーラームービー



記事検索
タグクラウド
メッセージ

名前
本文
忍者ANALYZE
  • ライブドアブログ