些細な幸せを生きる糧に

日々あったことや、気になること、購入したものなどを、徒然なるままに記していきます。

反省会

メガホビEXPO2013 SPRING 検索用まとめ&撮影後記(反省会)

メガホビEXPO2013 SPRING の検索用まとめ&撮影後記(反省会)

IMG_0009_R

2013年 5/25(土曜日)
AKIBA SQUARE(秋葉原UDX 2F)にて開催

後々、検索しやすいように当ブログ内の記事をまとめておこうかと思います。

メガホビEXPO2013 SPRING 行って来ました~(・∀・)編

アルター編

コトブキヤ編

メガハウス編


当日の撮影機材は以下のモノでした。

カメラ: Canon EOS Kiss X3
レンズ:SIGMA(シグマ) 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM (旧型)
外付けストロボ:スピードライト 270EX
ディフューザー:HAKUBA クリップオンストロボディフューザーM
PLフィルター:・TiANYA 薄枠設計 XS-Pro1 Digital 円偏光CPLフィルター(72mm)
コンデジ Canon PowerShot S100

SDHCカード 東芝16GBx1 Tarnsend Wi-Fi SDCard 16GBx1 合計:2枚
ストロボの予備バッテリー:単三電池2本
コンデジ用予備バッテリー:NB-5L1個
iPod touch 5th
モバイルバッテリー:cheero Power Grip 5200mAh
モバイルWi-Fiルーター:docomo L-09C(Xi対応)
スマートフォン:docomo ARROWSX F-10D

WFの場合、予備の一眼レフ用バッテリーやメモリカードも追加するのですが、今回はこれで十分足りました。

取った枚数は、失敗込みで394枚でした(RAWも含まれているので197枚ですね。)

WF時はこの2~3倍くらいになるかなと思いますが、展示物が少なかったのでこんなものでしょうか?ただ、撮影が上手い人になればなるほど、1フィギュア辺りの撮影枚数や所要時間がが減ってくると思います(;・∀・)


ちなみに、私、メガホビは初めての参加でした!

友人から事前情報として、「フィギュア下部からの蛍光灯照明の差し込みと黒背景で測光やAWBが迷って、難しい撮影になるよ。」と聞いていましたが、やはりその通りでした(泣)

自動セッティングでは、黒背景をメインに捉えて暗いと判断し、オーバー気味の露出でした。なので、露出設定は常に-1前後にしていました。あと測光については評価測光で全体のバランスを取るよりは、スポット測光などの狭いエリアでの測光のほうが顔中心のAE判定で結果的に良い感じだったかな?と感じました。

露出については、露出補正は全体の明るさを、調光補正はストロボの強弱の調整になるかと思います。(おそらく・・・。)黒潰れや白飛びを起こすとデータがない状態となり現像でも救えなくなるのでので、撮影した直後に輝度ヒストグラムを見て飛んでいるようなら、補正するという感じが良いでしょう。(撮影後すぐ確認する癖をつけることですね^^)

ブレについては、WFに過去5回参加しているのでだんだんマシにはなってきているのですが、やっぱりフィギュアの目からジャスピンを外していることが多く、6~7割ぐらいのピン率だったかと思います。(WF2013冬の時とあまり変わっていないh) ちなみに、ピンずれは現像で誤魔化しましたorz

SIGMA(シグマ) 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM (旧型)のレンズの絞りについては、過去の経験から通常時はF5.6~6.3に、絞る時はF7.1~8にしていましたが、Twitter並びにブログでお世話になっているHobbyHolicさんからF11~F13迄絞ることで被写界深度を深くしピン外しを防いでいると伺ったので、なるほどな~と感心しました!やっぱり、同じフィギュアイベントを撮影をする方から情報や意見を頂けるのは、大変有難いことです。夏のWFでは実践投入したテクニックです。(*^_^*)

ISO感度は機種の許容ノイズ的に、100~800まで(平均400)、SSはAvモード時のSS1/60~1/200ストロボ速度同調固定で撮影していました。最新のAPS-Cセンサーなら、ISO感度は1600がおそらくノイズ許容ラインかと予想されます。フルサイズセンサーだとISO6400でも違和感ないかもしれません。

焦点距離データは取っていませんが、一番多かったのは50~70mm(換算:80~112mm)であったかと思います。WFでもそんな感じなですね~。広角域はブース全体像ぐらいの利用が私の使い方です。

ガラス&アクリル反射対策には、惜しむことなくCPLフィルターを投入しました。完璧に反射を防げるものではありませんが、使わないよりは確実にマシであったかと思っています。願わくば、ケンコー・トキナーのZetaEXCPLフィルターを使いたいところ。ZetaだとSSが1段しか下がらないのでSSが稼げるし、何と言ってもファイダーの明るさが別次元で全然違うのですよね!(友人に借りて使わせてもらった時に実感!)欠点は最安値?と思われるAmazonですら口径72mmで11000円するのが難点です(汗)でも、欲しい・・・。

また、WF2013冬でテストした現地からのTwitterへの写真投稿は、概ねフォロワーさんに好評だったようです。前回はiPod touch5thの直撮りからアップしていましたが、今回はPowerShotS100で撮影したものを「Transecen Wi-Fi SDCard」を使って転送しアップしました。一眼レフ程ではないと思いますが、それなりに綺麗な写真を上げれたんじゃないかな?と思っています。これについては、余裕のある限り、続けて行きたいなと思います♪

今回の一番の技術習得は、Adobe Lightroom4での現像の仕方がようやくわかってきたような気がしたことですw トーンカーブなどすべての機能が使えるわけではないのですが、LR4のアンシャープマスク機能やノイズリダクション効果はCanon純正のDPPより上を行っているので、現像に救われた写真はかなり多かったかと思います。今日、最新版のLightroom5が発売開始となりましたが、体験版を使用してみて使いやすければVer.Up版か特別提供版を購入したいと考えております。

最後に、WF2013夏が近づいて来ましたね~♪

今回の経験をもちろん活かしたいところですが、私の場合、機種変更をする時期かなと考えております。(Kissx3は2年半使いました。)

未だに期待しているEOS70Dの発表がまだなのですが(春と思ったのに遅れすぎ!)・・・(汗)、EOS6D、NikonD7100辺りで絞り込む予定です。レンズについては、Nikonについては18-105か16-85を、Canonについては6DならEF24-105、70Dの場合は、現在のまま流用か新型の17-70になるんじゃないかなぁ~と考えています。そろそろ具体的に絞り込んでいく必要がありそうです。即購入してもピンずれの場合の調整期間(2週間程度必要?)や慣れの時間も必要なので、タイムリミットは今月いっぱいでしょうか?間に合わない場合は、EF24-105又はEF24-70をレンタルして臨もうかな?と思案しております。

以上、ダラダラまとめになってしまいましたが、今後、フィギュアイベント撮影に参加する方の参考になってくれれば幸いと存じます。(特に初心者さん向けに^^: 初級上クラスまで来ている人には意味がなさそうh)

ご閲覧ありがとうございました!

ワンダーフェスティバル(ワンフェス)2013冬 ブログ内まとめ&反省会

ワンダーフェスティバル(ワンフェス)2013冬
検索用まとめ&撮影後記(反省会)


IMG_1309

後日、検索しやすいように当ブログ内の記事をまとめておこうかと思います。

事前準備&撮影機材編

2013年2月10日(日曜日)参加当日の感想

レビュー一覧

その他編

グッスマ編

コトブキヤ編

アルター編

セガ編


当日の撮影機材:

カメラ: Canon EOS Kiss X3
レンズ:SIGMA(シグマ) 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM (旧型になってしまいました。)
外付けストロボ:スピードライト 270EX
ディフューザー:ハクバ クリップオンストロボディフューザーM
PLフィルター:・TiANYA 薄枠設計 XS-Pro1 Digital 円偏光CPLフィルター
コンデジ Canon PowerShot S100

SDHCメモリカード 東芝16GBx1 KINGMAX 8GBx1 合計2枚
予備の純正バッテリー LP-E5 x1
ストロボの予備バッテリー:単三電池2本
iPod touch 5th
モバイルバッテリー:cheero Power Grip 5200mAh
モバイルWi-Fiルーター:docomo L-09C(Xi対応)

撮影後記(反省会)

今回で5回目の参加ということで、「以前に比べれば準備の段取りや当日の行動等も慣れてきたかな?」というのが第一の所感です。ただ、グッスマ連合の混雑具合は、回を重ねるたびに酷くなってきているな・・・・と感じました。グッスマの混雑を避けるには、グッズ購入目的ではなくても、ダイレクトパスを買うメリットはあるかもしれません。その場合、ガイドブック&ダイパスで5000円?のイベント出費になってしまうのが欠点ですね(;・∀・)

当日の撮影については、前回は手ブレ失敗作が多く悲しかったので、事前に自宅で仮想WF対策をしました。その成果もあり、大体70%ぐらいは目にピントが合った写真が撮れ、極端な露出ミスもなく撮影が出来たかな?と思っております。個人的には、過去最高だったかな?とはいっても、現像&ブログアップが終わった後に、他のブロガーさんのレポート写真を見て、「自分的にはよく撮れていたと思っていたけど、まだまだ甘かったorz」と感じてしまったのは、言うまでもありません・・・。撮影の世界、奥が深いです、ハイ(T_T)

ちなみに、WF2012夏の反省点は以下の内容でした。

・手ブレ対策
・ガラス&アクリルケースの自己写り込み対策
・レンズ特性による絞り対策

ブレについては、70%以上目にピントが合った写真が撮れたので、それなりに成功だったかと思います。ただ、撮影上手な方は、1フィギュアに付き1~2枚でバッチピンが出せるらしいので、まだまだ私の技術不足感は否めません。今回は、「Avモード:ストロボ同調速度1/60-1/200自動」でSSを稼ぎ、ISO400or800のF5.6~F7.1でほとんど撮影しました。(露出は適宜調整、でも調光補正まではせず。ディフューザーなしのストロボ撮影やストロボ未使用もあり。)

あと、今回の幕張メッセの天井照明は全体的に見れば前回より明るいと感じたので、ブースの状態、フィギュアの照明具合を見て、いろんな撮影パターンを蓄積していかないと、上手い写真は撮れないと実感しました。個人的に考える理想論は、高感度に強いボディ(ISO2000以上でもノイズがほとんど出ないセンサー)+明るいズームレンズで、ストロボ無しで自然な露出写真が撮れることでしょうか。

ちなみにブース毎の照明特徴をあげると、グッスマは従来の電球色展示から蛍光灯タイプに変わったので、撮りやすかった人も多かったかと思います。今後も今回の方向性で更に改良してもらえれば嬉しいですね。

アルターは、いつもと同じフィギュアの直接展示でCPLフィルターは要りませんが、ちょっとブース全体として暗い感じがしたので、ストロボ+ディフューザーが必須だったかと思います。それと進入禁止ラインをいつもより遠くに設定していました。17-70mm(35mm換算:112mm)のテレ端側でも大きく撮影するにはキツかったです。現像時のトリミングで対応するか、もしくはAPS-C70mm~開放F4スタートの専用望遠レンズ(フルサイズなら70-200mmF4Lなど)を1本用意する事が対策となるでしょうか?まぁ、そこまでする人は少ないと思いますが(;・∀・) 

コトブキヤはいつもと同じ感じでしたね。基本、蛍光灯照明で、一部のフィギュア(今回で言えば、トータル・イクリプス関連など)が電球照明でした。まぁ、蛍光灯照明のフィギュアが多かったので、問題はありませんでした。

セガは独特な感じで、特にガラスの写り込みに激しく泣かされました。あそこのガラス怖いw

ガラス&アクリルケース自己写り込みについては、今回は、きちんとCPLフィルターを使いました。安物のCPLフィルターなのでSSが2段落ちてしまうこと、ファインダーが暗くてきちんと効果が出ているのか?視認しにくかった事が欠点でしたが、ある程度のガラス&アクリルケースの自己反射は消せていたようです。でも、ストロボ光源点&ディフューザー面自体の写り込みは結構ありましたね・・・h。これは、次回までにディフューザーの変更も含めて、ストロボの使い方を考えないといけなそうです。

レンズ特性による絞り対策は、SIGMA17-70を使う限り、F5.6~7.1でちょっとボケのある写真から被写界深度の深い写真まで撮れることを確認しました。(レンズ特性の理解)

他で気になった点としては、速報ということで、幕張メッセ内部からiPod touch 5thで撮影&ツイートして写真をアップしたのですが、iPod touch 5thのメインカメラの性能がiPhone4譲りとはいえ、適切な評価測光&露出が得られるものではありませんでした。PowerShotS100で撮影した写真なら一眼程ではないものの、ほぼ適切な測光&露出の写真が取れるのでEye-Fiカードみたいな無線LAN対応SDHCカードを1枚用意して、iPod touchに転送し、それをツイートして流せるように、次回はしたいと思います。

docomoのXiのLTE回線自体は、メッセ内部でもスピードはともかく、きちんと繋がっていた事を報告しておきます。

撮影ではありませんが、現像については、今回は露出明るめで調整してみました。今までは暗い感じの現像をしていたので、自分としては新境地となり勉強になりました。でも、個々のフィギュアが醸し出す雰囲気によって明暗を調整したほうが個性も出るので、そこは今後のフィギュアレビューでも研究して、現像の腕を磨きたいと思います。

最後に次のワンフェスでは、おそらく、撮影機材を更新しているかと思います。

検討している製品は・・・

・KissX6i、KissX7(仮称)、EOS70D、EOS6D、NikonD7100、NikonD600
・レンズ:新型SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM、EF24-105F4L、Nikon製品については同梱レンズキット

これらの組み合わせでどれかになりそうです。予算的にフルサイズはおそらく厳しいので、またAPS-C機種になるかな~と思っています。早く、新型機の発表が来るといいな!(・∀・)

以上、ダラダラ記載してしまいましたが、ワンフェス2013冬の反省点&まとめでした。

ご閲覧ありがとうございましたm(_ _)m
記事検索
タグクラウド
メッセージ

名前
本文
忍者ANALYZE
  • ライブドアブログ