10月1日の映画の日に

劇場版:中二病でも恋がしたい!小鳥遊六花・改

劇場版:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

の二作品を観てきました。

予定では9月28日の土曜日に鑑賞する予定でしたが風邪が治りきらず、ある程度微熱が治まった頃合いをみて10月1日に行ってきました。

映画の日ということで1鑑賞1000円でしたが「中二病でも恋がしたい!」の方は予め前売り券を買っていたので、劇場版:あの花だけ1000円で観てきました(^^♪

まずは、劇場版:中二病でも恋がしたい!小鳥遊六花・改の感想から

第3週の入場者特典の週だったわけですが、1日でも京成ローザではまだ余っていました。
これは2期(2014年冬アニメ)で新キャラとなるキャラのポストカードですね♪
劇場版中二病でも恋がしたい!改 特典
ちなみに10/5からの入場者特典は「生カットフィルム」になっているようです。(ここで行きたかったかも・・・h)

それと10/5~11/4に鑑賞した人には別途特典が発表されています。
入場時の半券を残しておくと抽選でサイン入りポスター等が当たるそうです。この期間に観た人は忘れずに半券を残しておきましょう。私は1日鑑賞組ですのでNGですね(T_T)

もうネタバレになってしまいますが、公開4週目に突入しているのでいいですよね?

読みたくない人は、鑑賞してからご覧ください。

あの花より先にこちらを観たのですが、正直、中身は薄かったというのが私の個人的な第一印象です。

初っ端に勇太と立花の結婚式シーンを挿入(これは妄想なのか現実なのかは分かりませんが、エフェクトシーンも含めて中二病らしい作画の、まぁ楽しめる内容でした。)

その後はTVアニメ版のダイジェスト再構成がメイン。

ラストはTVアニメ版とはちょっと違うタイプの構成にして2期に繋げるという内容でした。


ここで考察:アニメ映画の劇場版タイプにもいろんな映画があると思います。

・TV版の単なるダイジェスト版
・TV版のダイジェスト版をベースに新規カット&構成&ストーリーを挿入(中二病とあの花もこのタイプ)
・主人公視点を入れ替えた再構成版(今年鑑賞したアニメ映画で言えば、とシュタゲの映画など)
・完全オリジナルの描きおろし脚本(とある魔術の禁書目録エンデュミオンの奇蹟やドラゴンボール神と神など)
・上記4種のいずれかを組み合わせた折衷タイプ(花咲くいろはなど)

まず「初見だとあまり内容が理解できない構成じゃなかったかな?」と感じました。決して分からないというわけではありませんが、TV版は観ておいたほうが無難です。

新規内容に乏しく、最初の特典付きチケット売りや公開後の特典でリピーターを呼ぶ商法、これは、最近では当たり前のように行われていることですが、やっぱり内容が伴っていないと不満感が募ってしまいます。

幸い2期があるので救いはありますが、映画自体はギリ及第点かなと・・・。

この感想に至った理由には、中二病を見終わったあとにすぐに観た「劇場版:あの花」の出来の良さ故かもしれません。

構成的には中二病と同じタイプです。(TV版の内容をベースに超平和バスターズの面子がまだ若かりし頃のエピソードと、めんまとのお別れ後のエピソードが追加ストーリーとして入っています。)

ただ構成が秀逸なのです!

中二病でも恋がしたい!は最初と最後におまけ程度に新内容を入れてみましたという感じでしたが、あの花の方は時間軸の管理の仕方が絶妙で、一度観たTVアニメであっても色あせた感じや「あ~それは観たね~・・・。」という感じをさせない作りなのです。

これには正直脱帽モノでした。

新規脚本タイプではないのですが、そのような感覚にとらわれるような映画を作ってきた制作陣に「本当にありがとう、ありがとう!」とお礼を述べたいぐらいです。

そして、このアニメでは特有の涙涙なしでは観れませんでした(T_T)

観ていた客層は学生やカップル、一部4~50代ぐらいの男性等もいましたが、皆、すすり泣きや瞳から涙を流していましたし、終わった後の感想も、隣の女の子で「私、泣いちゃったよ~(T_T) 本当、良かったよね~♪」というものでした。もちろん、私も鑑賞中は泣いていました( ;∀;)

劇場版:あの花については本当にオススメしたいです!

子供の頃に経験したひと夏の経験を思い出したり、大人(特に男性)になって流さなくなってしまった涙をきっと流すことになるでしょう。そして鑑賞後は、心が洗われた気持ちにきっとなれるはずです。

こういう作品は年に1~2回は観てみたいものですが、なかなか遭遇しませんね~。

生きている間に何度お目にかかれるかはわかりませんが、今後も期待したい限りです(*^_^*)

最後に入場者特典は、安城鳴子(あなる)のイラストカードでした♪狙っていたので、嬉しいです(^^♪)
とまっちゃん良かったよ~♪
劇場版あの花ポストカード表
劇場版あの花ポストカード裏あなる
以上、ちょい厳しめだったかもしれませんが

劇場版:中二病でも恋がしたい!小鳥遊六花・改

劇場版:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

の感想でした~。