本年、最初のエントリー記事となります。(書き初め?)
皆様、今年もどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

2016年も、はや1ヶ月が経とうとしています。早いものです^^;
そしてフィギュアの祭典でもある『ワンダーフェスティバル2016冬』の開催まであと10日を切りました。

この時期になるとフィギュアクラスタとしては新機材がいろいろと気になるわけですが、私もいくつか新調致しました。本来なら、去年のメガホビAutumn又はトレフェスで投入したかったのですが、都合で行けなかったので今のタイミングでの購入と相成りました。

今回は3点の新調です(1個は補充かな)

では1点目
IMG_3468

Canon スピードライト 430EXⅢ-RT となります。

スピードライトは430EXⅡから更新がかかるのを去年初頭からずっと待っていました。前モデルは2008年7月の発売でしたのでそろそろ更新時期じゃないかな~と。どうせ新調するなら新しい方がいいですしね^^;遅くても夏ぐらいかな?と思いきや、秋に入った2015年10月1日の発売でした。

これを買うまでに紆余曲折がありました…。(SONYのα7Ⅱの出来の良さににマウント変更しようかなとか…予算とマウントアダプター経由でタムロン90VCマクロをAFで使えるか微妙だったため断念。小型軽量且つ高性能なニッシンのi40にしようかなど悩みました。結局は純正&Canonに寄り添う覚悟を決めました^^;)

購入はアキバ(神田須田町)に実店舗を持っているWiNK DIGITALで購入しました。ストロボ27500円に別途5年延長保証(物損OP有り)3200円を追加しました。このショップで買うのは仕事用に使っているNECのLavieノート以来ですね。いわゆる流通卸系ショップですが、個人的に信頼のおけるお勧めネットショップです(・∀・)

では軽くレビューをしたいと思います。

付属品

IMG_3470

マニュアル冊子、保証書、ストロボケース、バウンスアダプター、カラーフィルター、バウンスアダプター&カラーフィルター用ケース、写真には写っていませんがミニスタンド(台座)です。

バウンスアダプターはいわゆるオムニバウンス式と言われるものですが、直射するよりは効果があるのでディフューザーを忘れた時には使えると思います。(でも持って行かないと意味がありませんが^^;)

カラーフィルターは白熱球を含むミックス光源の時に使うフィルターですね。意外と活躍の機会はあるかもしれません。

外観

IMG_3471

正面から

当方の手持ちは小型ストロボの270EXだったので、かなり重量は増えました。(145グラム>295グラムへと150グラムUP)でも、前モデル比だと25グラムの軽量化、あと両方お持ちのフォロワーさんの写真を拝見して確認したところ、全体的にコンパクトになっていました。

IMG_3472


IMG_3481

IMG_3480
裏面

前モデルと変化しているのは背面液晶の大きさですね。かなり大きくなって視認性がアップしたようです。操作体系もボタン形式から電子ダイヤル式に変わっているのでマニュアルで調光補正するときなんかはこちらのほうが操作しやすいかと思います。(手持ちのPowerShotS100の電子ダイヤルによく似ていました。)

バウンス時
IMG_3474


IMG_3475

IMG_3476

IMG_3478
縦撮り時の接続イメージになるかな?

私としては今まで小型ストロボであるスピードライト270EXを利用していたので、上90度以外の首振り機能があるだけでもかなり自由度が広がって凄い!と思ってしまいます(笑)

バウンス角度については以下の通り(メーカーHPから引用)

発光部が上90°、左150°、右180°に幅広くバウンス可能。カメラと反射面の位置関係にしばられることなく、必要な方向に発光できます。従来モデル430EXⅡに比べて、バウンス角度が右方向に90°広がったことにより、バッテリーグリップを使用したまま縦位置撮影での後方天井への照射が可能になりました。

ということなんですが、SONYの素晴らしすぎるストロボ程ではないにしてもバウンス角度の自由性は相当UPしていますね。角度変更時のカチッカチッとした操作感も硬すぎず柔らかすぎずという感じで絶妙な感じでしたよ

あとは、上位モデルに採用されていたワイヤレス電波通信機能が付いたということで、複数のストロボを利用した多灯ストロボ撮影の自由度もUPですね。(私はライトバンク撮影がメインなので、別途、追加ストロボを買わないとダメですがh)
IMG_3479
発光部上部にキャッチライトパネルとワイドパネルが引き出しタイプで付いています。

キャッチライトパネルはポトレにおけるアイキャッチ用途、ワイドパネルは周辺減光補正の役割を担いますが、どちらも便利な機能ですね。

最後に横取り(水平取り)で装着したイメージ
IMG_3482
で、でかい^^;

これが一眼使いの普通のイメージなんですよね(笑)
頑張って支えられるように努力します!

Canon商品情報ページ

以上、Canon スピードライト430EXⅢ-RTの簡易レビューでした。

2点目
IMG_3462
ROGUE FLASH BENDER2 Large Reflector(ローグ フラッシュベンダー2)

ディフューザーについてはイベントに参加するたびに更新したいな…といつも思っていました。しかしながら、小型ストロボである270EXだとサイズ的に選択肢が絞られてしまうため、いつもHAKUBAのクリップオンストロボディフューザーMで頑張っていました。しかも2回落としてしまって、今は三代目です(友人に譲って頂きましたh)

更新するならストロボ新調時と決めていたので、現在において定番と思われるこちらの製品を選びました。サイズについては前モデルだとL、M、Sとあったのですが、Ver2 となってからLとSのみとなってしまったのでかなり悩みました。

Twitterのフォロワーさんのツイートやブログを見る限り、フィギュアのイベント撮影ならSサイズでも十分拡散するとのことでした。ただ、面光源が大きいほど当然拡散性もUPしますし、ポートレート等に使うなら(ほとんどやったことありませんがh)Lサイズかなと。そして大は小を兼ねる(デタ-、日本人の典型的な購入パターン)に従い、こちらを選択した次第です。ディフューズパネルについてはあとからOPとして購入できるので、今回は本体のみとしましたよ。

中身
IMG_3464
シンプルそのもので、マニュアル一式とフラッシュベンダーL1枚だけですね。フラッシュベンダーは折り畳めるのでこのサイズとなりますが、それでも縦長ということにはなります。重量もありますね(サイズ:254 x 288mm、重量:135g)

前面

今まで使っていた『HAKUBAクリップオンストロボディフューザーM』との比較も兼ねて

IMG_3465

予想以上に…デカイ!

これだけの大きさがあればかなりの光拡散効果が期待できますね♪

裏面
IMG_3466
ディフューズパネルがないので普通に白の面です。

装着イメージ
IMG_3483
何故か横画像に…。(あとで直しておきます)

撮影台の上に置いて撮影したのですが、撮影台からはみ出しています^^;

ストロボに固定するマジックテープ部が比較的強力なため補強は要らなそうな気がします。HAKUBAのモノは人に体当りされると外れることがあったので100円均一のマジックテープを別途購入し、ストロボ本体にキツめに縛って対策していました。(2回も落とすとさすがにね^^;)

テスト撮影

フィギュアブログをベースとしてきたので(最近、要素少なめですがh)、ラブライブ!の西木野真姫ちゃんにゲストとしてモデルを務めてもらいました。

設定環境

・EOS6D&EF24-105F4L&430EX-RT

・撮影台に西木野真姫ちゃんを置いて、三脚にカメラを固定して撮影

・写真は撮って出しJPEGを採用し、処理はトリミングとリサイズ(長編1024ドット)のみ。多少の画像サイズのズレはあります。

・照明はRIFA-Fのライトバンク(60W)を上部から一灯のみ。

カメラの設定は以下の通りにしました。概ねイベント仕様に近いですが、現地ではISO感度を400~800、高い時で1600~2000ぐらいに。測光はスポット測光や評価測光を使う場合がありますね。他はほぼ同じです。

IMG_3487


『見せてもらおうか!ROUGE FLASH BENDER2 Lの実力とやらを!』

IMG_8403
Mで1/6発光
IMG_8404
Mで1/5発光

これ以上に威力をあげると、ハイライト警告が出たのでこの辺が限界ラインでした。
どちらの写真を見ても分かりますが、光が被写体やバックを含めて均一に回っている事と、被写体の影がほとんど出ていないことが見て取れると思います。

これは素晴らしいディフューザーだと思います。ちょっと重いかなと思うことはありますが、満足レベルの製品で皆さんにお勧めしたいです!

ちなみに今までのディフューザーで例を挙げると…(WF2015夏の撮影画像より)
WF2015_Summer_fastShot002

WF2015_Summer_fastShot003
フェイトちゃんについては直射ディフューズかもしれません(この時はストロボの調子も悪かった記憶が)
WF2015_Summer_FLARE003

WF2015_Summer_Alter025
武器関連や髪の毛周りは影が色濃く出てしまうことが多かったので、これが改善出来ると嬉しいですね。

一応、ディフューザーについてはバウンスならフラッシュベンダーを。ディラーブース等の暗いエリアではHAKUBAクリップオンストロボディフューザー(直射ディフューズ方式)を選ぶかもしれません。(ディーラーブースについては経験不足でどちらが良い上がりを得られるか不明なため)

以上、ROGUE FLASH BENDER2 Large Reflector(ローグ フラッシュベンダー2)の簡易レビューでした。

3点目
IMG_3458
SONYのサイクルエナジー用急速充電器セット

これは新調というよりは、ストロボのバッテリーが今までの2本から4本に増えたので追加購入ですね。

以前はこちらの製品を使っていました。
IMG_3461
サイクルエナジーゴールド&充電器セット

サイクルエナジーゴールドはアルカリ乾電池の3倍の容量があるタイプで1000回の繰り返し充電が出来る電池です。しかしながらこのセット充電器だと4本充電するのに12時間かかるんですよね~^^;熱い夏場とかはヒートプロテクトがかかるのか?12時間オーバーもザラ…h というわけで急速充電器セット(サイクルエナジーノーマル:1.5倍タイプの3000回充電可能)を購入した次第です。
IMG_3460
この急速充電器タイプの場合、リフレッシュ機能(メモリー効果解消)機能があるのが売りですね。

スピードについてはノーマル充電器の3倍!シャアザクモードとなっていますので、サイクルエナジーノーマルなら4本で2時間弱、ゴールドなら倍の4時間で終わるようです。これで8本のリサイクル電池が用意出来たのでイベントでも安心出来そうです。

充電式ニッケル水素電池だとパナソニック(サンヨー)のエネループを利用する方が多いと思いますが、SONYのこちらのシリーズはエネループや東芝の充電池セットに比べて安めなので、コスパ重視の方にはお勧めしたいですね。定番ならやはりエネループということになるかと思います。

備品は用意出来たので、あとはワンフェスの当日までに体力UP(筋トレ)と新機材を導入したのでセッティング調整、当日行動計画をしっかり練っておきたいと思います(`・ω・´)ゞ

あと寒くなってインフルエンザも流行ってきたようなので、風邪には注意しましょうね(私が正直一番ヤバイですが^^;)

ヨドバシ・ドット・コム

ビックカメラ.COM