EXVSFB 最新版OP画面
PS3版:機動戦士ガンダムエクストリームバーサスフルブースト(略してEXVSFB)が発売されたのが2014年1月30日でしたね。なので今日で発売後、約一年と四ヶ月。

念願の大型オンラインアップデートVer1.08投入&第9弾DLCの発売日ですね!

皆さん、最近は遊んでいますでしょうか?

AC版のマキブに移った方も多いと思いますが、家庭用しかやらない私は前作同様、まだ懲りずにやっています^^;

今の階級は中佐☆1のランクマ(シャッフルのみ)勝率56%、プレマ46%、総合48%の初心者LVということになるのでしょうか?(初級下といいたいところですが某掲示板的にはNGなんでしょうね)最近、少しずつ上がってきているのですが、一度落ちた勝率5割以上になかなか戻れません(`;ω;´) 歳のせいですかね…。

さて、今日は第9弾DLCの発売開始ということで4機体登場していますが、その中からずっと待っていたフルアーマー・ユニコーンガンダムとサンドロック改を買ってみました~(^^♪ 514円の半端な値段が地味に痛い^^;
EXVSFB第9弾DLC
検索キーワードはゲームから「プレイアブルモビルスーツ」でOKです!
EXVSFB DLC フルアーマー・ユニコーンガンダム

EXVSFB DLC ガンダムサンドロック改

EXVSFB DLC アヴァランチエクシア
アヴァランチエクシアについてはプレマで強さを確認してから検討するつもりです。(格闘機使えないのでh)

性能はドライブのあるマキブと単純に比較出来ないと思いますが、まぁSランになるのではないかな?とは思っています。そしてバンシィ・ノルンとリ・ガズィの修正も気になるところです。まぁ気楽に使えるならそれはそれで嬉しいのですが^^;
EXVSFB フルアーマー・ユニコーンガンダム

EXVSFB ガンダムサンドロック改
オンラインアップデートの方なんですが、プレマで「戦績保存なし」が気軽に遊べるシステムとして嬉しいところです。個人的に心配だったのは「階級制限と勝率制限が付けれるのかどうか?」だったのですが、どうやら大丈夫なようです。戦績保存なしだから強い相手に揉んでもらうというのもありですが、駆られまくるのもなんか嫌ですしね^^;うまく使い分けたいですね。
EXVSFB プレマ設定画面その1

EXVSFB プレマ設定画面その2
地味なアップデートですが、お気に入り機体の増加は要望を上げていたので実装されて嬉しい限りです♪
EXVSFB お気に入り機体設定
今後気になるところは、第10弾DLCですね~。

サバーニャ、ブリッツ、ドレッドノート、パーフェクトストライクぐらいは実装して欲しいかなと思います♪

あとは今晩じっくりやってみようかと思います♪

※2015年6/3:追記

第10弾DLC4機種が発表されましたね!6/17(水曜日)投入予定

ハルート、ペーネロペー、ブリッツ、ノーベルの4機体。
まぁ解析班通りの結果でしたね(笑)個人的には、ペーネロペーの代わりにサバーニャ、ノーベルの代わりにドレッドノートが入っていれば、もう文句無しでした。これは第11弾期待しちゃいましょうか♪ノーベル以外は買うと思います(`・ω・´)ゞ

軽く感想など

ノルンは耐久620、BD一回減少?、特格性能がダウンしていますが、まだ上位Sランに収まりそうです。個人的な意見ですが、HPはもうちょっとあっても良かったのでは?と思います。

リ・ガズィは普通ぐらいに落ちた感もありますがまだ強いかも^^;

フルコーンはおそらく上位Sラン間違いなし。3形態あるので相手に合わせて上手く使いこなせるのが鍵かと。早めに第一形態の特射、射撃を当ててしまって特格パージから第二形態になるのがポイントなのかなと。人によってはすぐ格闘強化モードの第三形態になる人もいらっしゃいますね。適当でも強い^^;そして愉しい。

サンドロック改は20最上位かなと。ドライブが無くても使いやすくブースト移動速度はTV0よりやや速いので、20の主力になりそうです。(シンプルで普通に強い)

シャアザクは上空からの戦車投げ?と高速移動の機動力が素晴らしいです。

アヴァランチエクシアは、耐久力が580しかないのと捕まえたら一気に攻めかれる択を複数持つことが必要な感じでしょうか?熟練が必要なMSだと思います。

AC版マキブをやっている人は除いて買いのDLCは…

1、サンドロック改とフルコーン
2、シャアザク
3、アヴァランチエクシア

かなと個人的には思います。

Best版が出たわけですがプレミアムGサウンドエディション(限定版)がまだ新品であって価格がほぼ変わらないのであればプレG版のほうがお得ですね。カスタムサントラは自分で好きなCDからMP3を用意すればいいわけですが、DLCコードが付いているならそれに越したことはありません。