コトブキヤ
園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump!Ver. -
フィギュア撮影レビュー

Kotobukiya_UmiSonoda024

今年度初、
メーカー製スケールフィギュアのレビューとなります(;・∀・)

レビュー自体は、前回にセガプライズの園田海未ちゃんを撮っているので2回目となりますが、まさか、2回連続で海未ちゃんになるとは思いませんでした。


一つ前のエントリーにも書きましたが、実は先月上旬まで予約していませんでした。(したつもりになっていたのですよねh)運良くハピネットで拾えて良かったです!(ちなみに、アキバは初日で壊滅だったようです・・・。)

2014年11月再販決定。6/24より再販予約開始となっています。逃した方、お早めに(`・ω・´)ゞ

あみあみ再販予約 ラブライブ! 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump!Ver.- 1/8 完成品フィギュア(再販)[コトブキヤ]《11月予約》

発売日は2014年5月19日(月曜日)で、我が家には21日お昼に着弾しました。

作品名:ラブライブ! School idol project
パッケージサイズ:270mm(H)×150mm(W)×130mm(D)
全高:約220mm、1/8スケール(PVC&ABS)
原型製作:緋路
発売予定日:2014年5月
定価:7800円(税別)
コピーライト:© 2013 プロジェクトラブライブ!

メーカー商品サイト

元デザインは、ラブライブ!μ's 3rdシングル 「夏色えがおで1,2,Jump!」 からですね
(PV流しながらレビュー見るのもいいかもです^^;)


撮影機材は以下の通り

カメラ:Canon EOS 6D
レンズ:TAMRON SP90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
(クリックポップアップサイズは、長辺1024ドット)

ではレビュースタート!

まずはお約束の箱パッケージから

海未ちゃんのカラーである青を基調とし、青空をイメージするパッケージとなっています。

商品確認用の透明窓は3箇所あり、正面は全体像を、正面右側の花びらをあしらった窓からは横顔を、そして写真はありませんが真上にも窓があり、こちらは髪の毛の造形を確認でき、視認性は高いと思います。

Kotobukiya_UmiSonoda001

Kotobukiya_UmiSonoda002

Kotobukiya_UmiSonoda003

ブリスターパックイメージ
オーソドックスにシンプルでして、フィギュア本体と台座のみです。

Kotobukiya_UmiSonoda004

Kotobukiya_UmiSonoda005

では本レビューへ。
まずは全身ショットを見たいので、海未ちゃんには1ターンしてもらいましょう(・∀・)

パッと見で分かるのは造形の良さですね。
とにかくスリムでスラっとした綺麗なラインが印象的です♪

Kotobukiya_UmiSonoda006

Kotobukiya_UmiSonoda007


Kotobukiya_UmiSonoda008

Kotobukiya_UmiSonoda009

Kotobukiya_UmiSonoda010

Kotobukiya_UmiSonoda011

Kotobukiya_UmiSonoda012

Kotobukiya_UmiSonoda013

次はバストアップというか半身かな?で、もう一回だけ踊ってもらいます。

海未ちゃんってモデル体型だなぁ~とつくづく思いますね(・∀・) 身長159cm、B76/W58/H80をよく再現しているかと思います(^^♪

Kotobukiya_UmiSonoda014

Kotobukiya_UmiSonoda015

Kotobukiya_UmiSonoda016

Kotobukiya_UmiSonoda017

Kotobukiya_UmiSonoda018

Kotobukiya_UmiSonoda019

Kotobukiya_UmiSonoda020


Kotobukiya_UmiSonoda021

フィギュア選択において一番大事な要素である、お顔を拝顔しましょう。
3方向から撮ってみましたが、平面顔というわけではなく特に破綻はないと思います。頬にはチークが入っていますね(・∀・) アイプリも綺麗だと思います。

ネックレスとイヤリングにはピンクでパール塗装してあって、きちんと光沢感が出ていますよ。

Kotobukiya_UmiSonoda022

Kotobukiya_UmiSonoda023

Kotobukiya_UmiSonoda024

水着フィギュアなら、この部分は見るしか無いのであります(`・ω・´)ゞ(でも、ガン見はいけません!)

海未ちゃん、B76cmにしてはちょっと盛っちゃったかな?^^; でもそこがマタ( ・∀・)イイ!!

Kotobukiya_UmiSonoda025

Kotobukiya_UmiSonoda026

Kotobukiya_UmiSonoda027

Kotobukiya_UmiSonoda028

おへそから臀部へのライン

ここはもっとうまく撮れていれば・・・と今更ながら後悔しますが、とにかく造形の素晴らしいところで一押しポイント!

ヒップは張り出していませんが下腹部から脚にかけて引き締まった感じです。ですが筋肉質という感じでもなく適度に柔らかそうなプニプニ造形としてある点が見事としか言い様がありません。

パレオには透明クリアパーツを使っており、フリルの段階グラデーション、目立つ大きな青リボンと可愛らしさいっぱいです(^^♪

Kotobukiya_UmiSonoda032

Kotobukiya_UmiSonoda033

お御足拝見

うーん、やっぱり最高ですね!
スラっとした引き締まった脚で水面を蹴っている躍動感が上手く表現されており、よく出来ているな~と感心しました。

Kotobukiya_UmiSonoda035

Kotobukiya_UmiSonoda036

髪の毛

造形としては髪の毛一本一本は他社製品の全体的な傾向に比べると太いですが、体が動いて髪の毛が流れている感じが再現されているので十分だと思います。

Kotobukiya_UmiSonoda031

各種飾りなど

紫色の花びら髪飾り

Kotobukiya_UmiSonoda030

爪にはピンクのマニキュア塗装がきちんと入っています。
ピンクのブレスレットはクリアパーツ仕様です。

Kotobukiya_UmiSonoda029

Kotobukiya_UmiSonoda037

台座及びミュール

台座の透明感と水を表現するグラデーションのバランスがとても良いと思います!これが躍動感を表現する、ある意味重要なパーツかなと思います。脚にもきちんとピンクのマニキュアが入っていましたよ♪

Kotobukiya_UmiSonoda034

ラストショットはこちらで

今回は全体的に解像度重視で撮影したので、コントラストを下げて柔らかい感じを表現した1枚をラストショットと致します。

Kotobukiya_UmiSonoda038

以上

コトブキヤ 園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump!Ver. - 撮影レビューでした~(`・ω・´)ゞ

撮影後記:

冒頭にも触れましたが、フィギュアレビューとしては今年2作品目でした。そして2連続の海未ちゃん。まぁ、良い巡りあいでした^^予約もしたつもりがしていないなど焦りましたが、無事、お迎え出来たことを嬉しく思います。

フィギュアの造形としてはレビュー通りでして、会心の出来具合!

デコマスからほとんど劣化はないでしょう。コトブキヤの製品は完成版で「あ、ちょっと劣化したかも・・・h」ということがたまにありますが、園田海未ちゃんにおいては問題無いと思います。ハズレ個体じゃなかったのも運が幸いしましたね。

撮影については、1ヶ月ぶりだったのかな?背景紙の選択でグレー、ブルー、ホワイトと迷ったのですが、ブルーの背景紙で理想的な感じが表現できなかったので、ホワイトを選択して勝負しました。結果的に奥行き感のない写真になってしまいましたが、白を背景とすることでフィギュア自体の色合いはきちんと表現出来たのではないかな?と思っています。

そして露出とシャープ感も、色や解像度(質感)が飛ばない範囲で出来るだけ上げてみました。(今回は階調重視設定のD+ ISO200で撮影。キャノン機は白には強い方ですが保険でON)あとからレタッチソフトを使えば更にシャープ感を出せますが、その代わりノイズが増えてしまい逆効果なのでLr4.4の現像処理だけで済ませてあります。(理想はノイズ無しでもっとシャープ感をあげたいのですがh)

今回は水着フィギュアだったので陰影をほとんどつけない表現で臨みましたが、陰影を付けた表現や小物を使ったテクなどもやってみたいところですね~。

次のフィギュアレビューは、アルターのシグナムさんになりそうですが、あれはいつ出るのかなぁ^^; その合間に安くなったフィギュアをポチッとしてしまうかもしれません(笑)

長文駄文、失礼致しました。閲覧していただいた皆様並びにTwitterで拡散してくれた方に、心より感謝致しますm(_ _)m