些細な幸せを生きる糧に

日々あったことや、気になること、購入したものなどを、徒然なるままに記していきます。

グッスマ セイバー&セイバー・モータード・キュイラッシェ 撮影レビュー

グッドスマイルカンパニー
セイバー&セイバー・モータード・キュイラッシェ 撮影レビュー

発売日は2012年6月28日、Amazonから届いたのは翌日の29日でした。フィギュアでアマゾン初の翌日配達!よくやってくれました!
でも、自分の撮影が遅れてしまい、レビューはかなり出遅れてしまいました^ー^::


今回の撮影機材は、以下の通りです。

カメラ:
EOS Kiss x3
レンズ:
シグマ MACRO 50mm F2.8 EX
シグマ17-70 DC MACRO OS HSM (箱&ブリスター、台座)


箱も含めてかなり大きかったので、マクロはシグマ50mm(換算80mm)を使用しました。

ではレビュースタートです。


GSC_Saber_Moter001

GSC_Saber_Moter002

内容物は、セイバー、キュイラッシェ、左右ステップ、エクスカリバー、台座となっています。

GSC_Saber_Moter003

GSC_Saber_Moter004

全体一周

正直これだけでも、お腹いっぱいの出来です!!

GSC_Saber_Moter008

GSC_Saber_Moter009

GSC_Saber_Moter010

GSC_Saber_Moter011

GSC_Saber_Moter012

GSC_Saber_Moter013


GSC_Saber_Moter014

GSC_Saber_Moter015

GSC_Saber_Moter016

顔のアップ

セイバーとしては、かなりキリッとした表情ですね。セイバーがキュイラッシェを駆るシーンは、拐われたアイリスフィールを助けるために追いかけるシーンなので、この表情は当然でしょうか。

GSC_Saber_Moter017

GSC_Saber_Moter018

GSC_Saber_Moter019

セイバーさんの部分アップ

GSC_Saber_Moter032

GSC_Saber_Moter020

ジャケットやパンツスーツへのシワの入れ具合は、とっても絶妙です。

GSC_Saber_Moter031

GSC_Saber_Moter021

ローファーも、テカリ感があって質感バッチリです。

GSC_Saber_Moter022

GSC_Saber_Moter023

左手に持つは、エクスカリバー。グッスマの青セイバーの風王結界を、持たせることが可能だそうです。

GSC_Saber_Moter035

キュイラッシェ部分アップ

モーターの作りこみ具合、ヤバすぎでしょう(;゚д゚)ゴクリ…

GSC_Saber_Moter024

ブレーキホースまで再現されてる・・・。(;・∀・)

GSC_Saber_Moter025

GSC_Saber_Moter026

マフラー:金属質の質感がよく出ています!

GSC_Saber_Moter027

ダンパーのバネは、本物のバネのような出来です。

GSC_Saber_Moter028

GSC_Saber_Moter029

バイク下部の網のところ、エアインテークでしょうか?
細かいところも手抜かりありません。

GSC_Saber_Moter030

台座

グッスマのセイバーシリーズは、台座の出来が凄いのですが、今回も力作です!
キュイラッシェのブレーキ痕や、それによってアスファルトが焼け付いて剥がれた跡を再現しているのでしょうか?

GSC_Saber_Moter005

GSC_Saber_Moter006

GSC_Saber_Moter007

ラストの決めショットで〆

GSC_Saber_Moter033

GSC_Saber_Moter034


以上

グッスマ セイバー&セイバー・モータード・キュイラッシェの撮影レビューでした。



撮影後記:

このフィギュアを見たのは、ちょうど一年前の2011WF夏だったかと思います。ステージイベントでちょっとだけお披露目があったのですよねー。あの時もこれは凄いことになりそうだ・・・と感じていましたが、更にブラッシュアップしてきて、物凄いものを作ってきたな!というのが正直な感想です。グッスマのフィギュアでも歴代最高の傑作品ではないでしょうか?

撮影については、久しぶりにシグマ50mm1本で撮影したので、ボケの感覚が狂ってしまい、全体ショットで絞り不足をやってしまいました。背景をはっきり写したくなかったので甘めのF値にしたのですが、キュイラッシェが角度によってはボケが出てしまいました。背景を恐れずにF8ぐらいにすればよかったです。WBについては、概ね問題ないかと思っています。撮影するときは、心に余裕を持って臨みたいところです^^:

アルター 種島ぽぷら 撮影レビュー


アルター
種島ぽぷら 撮影レビュー


発売日は、2012年6月4日、Amazonから届いたのは6日の夕方でした~。Amazonはどうしても発売日の二日後となってしまいますね~。もう1日、早く届かないかなぁ・・・。


今回の撮影機材は、以下の通りです。

カメラ:
EOS Kiss x3
レンズ:
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (全般)
シグマ MACRO 50mm F2.8 EX(全身8方向ショット)
シグマ17-70 DC MACRO OS HSM (箱&ブリスター、台座)


では、レビュースタートです。

まずは、箱とブリスターパックイメージから

WORKING!! らしい、シンプルなデザインです。

Alter_Taneshima0003

Alter_Taneshima0004

ブリスターイメージ
同梱物は、本体、台座、コーラ&メロンソーダのアイスフロート部分2個となっています。

Alter_Taneshima0001

Alter_Taneshima0002

全身を8方向ショットで
片足を上げて、元気よく手を振り上げているポーズで、種島さんらしい元気な感じが見て取れます。

Alter_Taneshima0005

Alter_Taneshima0006

Alter_Taneshima0007

Alter_Taneshima0008

Alter_Taneshima0009

Alter_Taneshima0010

Alter_Taneshima0011

Alter_Taneshima0012

半身アップです。

Alter_Taneshima0013

Alter_Taneshima0014

Alter_Taneshima0015

大事なお顔のアップ 
クリクリとした大きな瞳が、先輩の可愛らしさをバッチリ表現しているかと思います。

Alter_Taneshima0022

Alter_Taneshima0023

Alter_Taneshima0024

ここからは、部分アップです。
どうしても目がいってしまう、種島さんのバストです・・・ウン、大きい(;゚д゚)ゴクリ…
ちっちゃくないよ!に、この胸は反則でしょう!!

Alter_Taneshima0017

Alter_Taneshima0026

Alter_Taneshima0025

おみ足
ちょうどいいサイズね^^

Alter_Taneshima0019

スカートが短いのか?ちょっと、パンチラしています。(;´∀`)…うわぁ…

Alter_Taneshima0020

種島さん、盛大にコケル! 白でした(。。:

Alter_Taneshima0028

エプロンのフリル
きちんと折り目が付いています。

Alter_Taneshima0018

後ろ姿
シワの入り具合もいい感じ。絵でもフィギュアでも質感を出すために重要なことですよね。

Alter_Taneshima0021

ローファー

Alter_Taneshima0029

唯一の細かいパーツかな
お盆と、コーラーフロート&メロンソーダフロート、スプーン、、コースター、ナプキン
こういう細かいところも、きちんと再現してくるのがアルターですね。質感文句なしです。

Alter_Taneshima0027

台座

Alter_Taneshima0031

ラストの決めショットで終わり。

Alter_Taneshima0030


以上、アルター 種島ぽぷら 撮影レビューでした~。



撮影後記:

発売直前に一度延期されたので、もしかしたら、山田葵の時みたく、何かしらのトラブルでも?と思ったのですが、デコマスから大きな変化もなく発売されたようです。ただ、顔の雰囲気については、どこがどう違うとはうまく説明できませんが、なんとなく変わったかな?という感じもしないではありません。でも、概ね、満足しています^^

これまでに発売された種島ぽぷら としては、間違いなく最高の逸品でしょう。

今回、レンズを3種類使って撮影してみたのですが、シグマ50mmは部分アップにはキツかったですね~。撮れないというわけではありませんが、かなり近づいて撮影しないといけないので、ライトの光が遮断されてしまうのが難点でした。全部一本でやるなら、タムロン90が安定でしょうか?あとは何故か分かりませんが?WBがズレまくっていたのが大失敗でした。現像時に、全体としてなんとか違和感がないように調整してみましたが、暖色感がなくなってしまったのが残念でなりません。今度は、箱&ブリスター撮影時、本体撮影時の2回、グレーカードでWBを調整して臨みたいところです。

グッドスマイルカンパニー 1/8スケール 巴マミ 撮影レビュー

グッドスマイルカンパニー
1/8 スケール 巴マミ 撮影レビュー


発売日は、2012年5月14日 家に届いたのは16日の午後でした。

今回の撮影機材は、以下の通りです。

カメラ:
EOS Kiss x3
レンズ:
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 & シグマ17-70 DC MACRO OS HSM (箱&ブリスターのみ)


では、レビュースタートです。

まずは、箱とブリスターパックイメージから
箱はマミさんカラーである黄色を基調とした華やかのあるデザインです。

GSC_S_Mami000_R
GSC_S_Mami001_R

ブリスターパックイメージ
本体、台座、替え手一組、マスケット銃2本が入っています。

GSC_S_Mami002_R
GSC_S_Mami003_R

定番の6方向全身ショット
足を上げて体を捻らせているので、動きが表現されていると思います。

GSC_S_Mami004_R
GSC_S_Mami005_R
GSC_S_Mami006_R
GSC_S_Mami007_R
GSC_S_Mami008_R
GSC_S_Mami009_R

半身アップ

GSC_S_Mami012_R
GSC_S_Mami010_R
GSC_S_Mami011_R

お顔のアップ 
ほんわかした感じが出ていて、優しい皆のお姉さんという感じですよね~^ー^

GSC_S_Mami014_R
GSC_S_Mami013_R
GSC_S_Mami015_R

部分アップ
中学生と思えないとっても大きなお胸 シワの入れ方も絶妙、はち切れそうです。((( ;゚д゚))))アワワワワ

GSC_S_Mami017_R
GSC_S_Mami018_R
GSC_S_Mami016_R

胸回りのリボン

GSC_S_Mami019_R

洋服
コルセットは、ベルトの再現がとっても精巧です!

GSC_S_Mami020_R

ヘアーアクセサリー
丁寧な作りになっています。欲を言えばもうちょっと光沢のあるプラパーツでも良かったかな?

GSC_S_Mami021_R

スカートまわり
ふんわりとした感じがよく出ていますよね。

GSC_S_Mami022_R
GSC_S_Mami023_R

手 
つめには、うっすらピンク色が彩色してありました。

GSC_S_Mami024_R

足まわり

GSC_S_Mami025_R
GSC_S_Mami026_R

マミさんのパンチラ&太もも
スカートがふんわりしている分、絶対領域が惜しげも無く出ており、パンチラもデフォになっています!中は白でした!!

GSC_S_Mami027_R

OPのマスケット銃装備での全身ショット
マスケット銃を持たせるとさらに動きが出てきて、これぞ決定版のマミさんという感じになります。ちなみに、マスケット銃のもたせ方(組み込み方)がわからなくて、数分、私は悩んでしまいましたw

GSC_S_Mami029_R
GSC_S_Mami030_R

半身ショット

GSC_S_Mami031_R

マスケット銃のアップ
スケール品だけあってクオリティ高いです。

GSC_S_Mami028_R
GSC_S_Mami034_R

台座
ソウルジェムの色合いを再現しているのかな?

GSC_S_Mami035_R


ラストショット

GSC_S_Mami033_R


以上、グッドスマイルカンパニー 1/8 スケール 巴マミの撮影レビューでしたー。


撮影後記:

発表時のデコマスに比べると、胸の大きさやアイプリの調整など微調整がされたようですが、それが決して改悪にならず、スケールマミさん決定版と言っても過言ではない、最高の出来で手元に届いたことを嬉しく思います。半年待った甲斐がありました。このあたりはグッスマ、最高ですねー。安定しています。

撮影については、マミさんの明るい感じを表現するために、いつもより明るめの露出を振ってみました。露出の塩梅は難しいのですが、フィギュアを撮影する度に、少しずつ、私も感覚がついてきたかなと思っている次第です。
記事検索
タグクラウド
メッセージ

名前
本文
忍者ANALYZE
  • ライブドアブログ